「皆さん、笑顔の再会をありがとう!」吉川晃司、武道館で完全復活

「皆さん、笑顔の再会をありがとう!」吉川晃司、武道館で完全復活

吉川晃司が2月1日、『KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live』2daysの初日公演を東京・日本武道館で開催した。

吉川晃司がステージに立つのは昨年1月20日、21日の東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ以来、約1年ぶりだ。限界に挑み続けてきた35年、喉のポリープの影響もあり、メンテナンスの期間が必要だった。

音楽活動をしばし休止して、その間に『下町ロケット』『黒書院の六兵衛』など、俳優活動を行いながら、体調を整え、日々の鍛錬を経て臨んだこの日、吉川は圧倒的な歌声とダイナミックなパフォーマンスを披露。デビュー35年を観客とともに盛大に祝い、完全なる復活と音楽活動のあらたなる始まりを高らかに宣言するステージを展開した。

デビューシングル「モニカ」がリリースされたのは35年前の1984年2月1日。節目の日を祝うのにふさわしく、初期のシングル曲、代表曲の並ぶスペシャルな構成となっていて、会場内は熱狂と感動の渦に包まれた。

オープニングからいきなりクライマックスに突入。通常は本編のラスト近辺に位置している曲、「Juicy Jungle」からライブがスタートしたのだ。客席から喜びと驚きのどよめきがあがった。吉川が華麗なステップを踏みながら歌い、銀テープが舞い、たくさんのリストバンドが光り、観客もともに歌い、踊って、カラフルな祝祭空間が出現した。

さらにライブでいつも大盛り上がりとなる代表曲が繰り出されて、ハンドクラップ、シンガロングが起こった。序盤で早くもシンバルキックが炸裂。なんと豪華なスタートダッシュだろう。喉も体も良好。水を得た魚ならぬ、ステージを得た吉川晃司と表現したくなった。

「皆さん、笑顔の再会をありがとう! 超満員に集まっていただいて、感謝、感激、エトセトラ……」との挨拶もあった。「モニカ」「LA VIE EN ROSE」など、初期のシングル曲もたくさん演奏されたのだが、懐かしさよりも新鮮さが上回っていたのは、80年代のテイストを活かしながらも、今の時代の息吹きをミックスして、エネルギッシュな歌と演奏を展開していたからだろう。

吉川がギターを手にしての「スティングレイ」ではソリッドかつ重厚なバンドサウンドのもとで、強靱な歌声を披露。ホッピー神山のキーボードの調べに続いて、アカペラで始まり、ピアノと対話するように歌われたのは1stアルバム『パラシュートが落ちた夏』収録曲の「I’m in blue」。柔らかさ、軽やかさ、ニュアンスの豊かさを兼ね備えた歌声か染みてきた。人間としての成長がそのまま歌にも反映していて、深みのある歌声が素晴らしかった。

ここ数年かけて築き上げてきたバンドサウンドにも新風が吹き込んだ。生形真一(g)、ウエノコウジ(b)、湊雅史(ds)、ホッピー神山(key)というおなじみのメンバーに加えて、あらたに70年代からソロ、バンド、プロデューサーなど、多方面で活動している土屋昌巳がギタリストとして参加したのだ。

「声は聴いていただいたとおり、治りました。ポリープさんはいなくなりまして。ざまあみやがれ」との言葉にはたくさんの拍手が起こった。手術することなく、消滅してしまったとのこと。休養充分の声帯から発せられる歌声はパワフルで伸びやかで艶やかだった。 切れ味抜群のソリッドな歌と重心の低い演奏がズシッと響いてきたのは「SAMURAI ROCK」だ。ハンドマイクで下手へ、上手へと走りながら歌われた「モニカ」は35年の節目の日に歌われることによって、さらなる特別なパワーが宿っていて、コール&レスポンスもひときわ大きくなっていた。

“武道館の夜だぜ”“アニバーサリーの夜だぜ”というフレーズが加わって、武道館内が一体となってシンガロングした「恋をとめないで」からは怒濤の流れ。吉川がギターを弾いていて、左手が攣ってしまう場面もあったのだが、全身をフル稼働させてパフォーマンスをする吉川らしいアクシデントでもあった。本編ラストでは愛と闘志が詰まった歌声がダイレクトに届いてきた。

「往生際が悪く、これからも歌っていきたいと思います。失敗を恐れず、新しいことをやって、挑んでいきたいなと思っています」と挨拶。さらに「オリンピックまで応援の意を込めて、そして自分を鼓舞する歌でもあります」との言葉に続き、水球日本代表「Poseidon Japan」公式応援ソング「Over The Rainbow」が演奏された。自分自身を鼓舞することが、結果的に会場内の全員を鼓舞することに繋がっていく。多くの人々の胸に炎を灯していくような真摯な歌声だ。

アンコールラストは「SPEED」。この曲の“なぜこんなに渇いているんだろう”というフレーズと、朝日新聞に掲載された35周年の全面広告の“ずっと渇いていた。”というキャッチがリンクしていく。35年、吉川がここまで走り続けてくることができたのは、現状に満足することなく、あらたなる挑戦を続けてきたからだろう。ここまで歌い続けてくることができたのはそこにステージがあるから、そしてそのステージを見つめるたくさんのまなざしがあるからだろう。観客への愛と感謝とが詰まった歌声が武道館内に響き渡り、最後はシンバルキックでのフィニッシュとなった。

冒頭でスタートダッシュと表現したが、そのスピードのまま、ラストまで駆け抜けていくような渾身のステージとなった。5月から9月8日の千葉・幕張メッセ国際展示場まで、全国ツアーは続いていく。楽曲制作も本格化していく予定だ。この夜、シンバルキックによって鳴り響いた音はあらたなる試合開始のゴングみたいなものであるに違いない。ステージに戻ってきた吉川晃司は36年目に向けて、鮮やかなスタートを切った。

また、吉川晃司35周年を記念して、シンバルキック、腹筋、料理、泳ぐ姿など、様々な吉川晃司をGIF化。漫画家・ナカタニD.描き下ろしによるGIFアニメーションと吉川晃司のステージアクションGIFが2月1日よりフリー配信中。

PHOTO BY 平野タカシ


GIFアニメーションの詳細はこちら
https://wmg.jp/kikkawa/news/82916/

吉川晃司 OFFICIAL WEBSITE
https://www.kikkawa.com

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC