戸田恵梨香、共演者との年齢差に「ものすごく衝撃」。 映画『あの日のオルガン』プレミア上映会で撮影秘話を披露

戸田恵梨香、共演者との年齢差に「ものすごく衝撃」。 映画『あの日のオルガン』プレミア上映会で撮影秘話を披露

2月22日(金)に公開される映画『あの日のオルガン』のプレミア上映会イベントが、本日2月4日(月)、丸の内ピカデリーで開催され、戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、平松恵美子監督が登壇した。

大原とW主演を務めた戸田は「みなさんこの作品は重たいんじゃないかなって思っていると思うのですが、櫻子ちゃん演じるみっちゃん(光枝)が、ものすごく作品を明るくしてくれているので、全然暗くないですし、笑顔で走り回る子供たちからたくさんの笑顔をもらえる作品になっています。ドシっと構えずにふらっと観てもらえたら幸いです」と作品をアピール。続けて、大原は「そんなみっちゃんをうまく演じられているかは、作品を観て確認してください」と挨拶。

保育所のなかでリーダー的存在の楓を演じた戸田は、演じるにあたって共演者はみんな同い年くらいだと思っていたようで、「みんな20代前半で、ものすごく衝撃でした。撮影に入る前は、私がリーダーに見えるのかなって不安だったのですが、年齢的に全然リーダーだなって思って(笑)」と自虐で会場を笑わせる場面も。続けて、「普段は自分の心の中でふつふつと怒りを持って挑んでいることってないので、実際お芝居で怒りを表現するのは非常に難しい作業でした。喧嘩をするとか、なにか受けたことによって怒りをぶつけることはありますけど、ずっと心の中に『怒り』を持っている役だったので、苦戦した覚えがあります」と役どころでの苦労を語った。大原は「子供たちと同じ目線で、楽しいことを日常のなかで探していく役だったので、撮影中もカメラが回っていないときも常に子供たちと遊んでいました。オルガンを弾く役だったのですが、オルガンがあったら演奏して、子供たちと歌ったりしていたので、大変なこともたくさんありましたが、とても楽しく演じられました」と撮影を振り返った。

大原演じる光枝の親友・好子を演じた佐久間は、「唯一、青春をしている役でもあるので、普通の女の子だったんだなって、この作品のなかで表現できたら良いなって思い演じさせていただきました」。力持ちの先生・正子を演じた三浦は「とにかく、声を出して体を使って、子供たちと触れ合おうと現場にいました。役だけでなく現場でも縁の下の力持ちになれたら正子さんのキャラがでてくるんじゃないかと思って動いていました」とコメントした。

そして、しっかり者の初江を演じた堀田は、「終盤からみなさんとご一緒するので、どうにか子供たちとコミュニケーションをとろうと思ってお話してたら子役の子に『今泣きたいから喋らないで』って怒られました。小さい役者さんのパワーを感じました」と撮影エピソードを披露。その子役に心当たりがあるようで、戸田も「私にも『素直にやったら泣けた』って言ってきた」とコメントし、その子役は物語のキーとなる役を演じている「やっちゃん」役の子役であることが明かされた。

次世代を担う役者陣の演技について聞かれた平松監督は「演技については、作品を観ていただいたら納得していただけると思います」と前置き、「4歳~7歳くらいの子供が何十人も出てくる映画って今までないんですよ。なので、演出は無理だ、監督業を放棄しようと思い、衣装合わせのときに『初めに言っておきます。私は子供たちを全員観るのは無理です。皆さんは保母役なのですから、みなさんの周りにいる子供は、ちゃんと面倒みましょうね』とお伝えして、その時はほぼ初対面だったので、笑顔で『はい』と答えてくれました。そして、それをみんな本当に守ってくれて、撮影の前後も子供たちと触れ合うことを嫌がらずにやってくれたので、本番中の子供たちも自然な表情で撮影できました。この5人はすばらしい」と大絶賛。

それを受けて戸田は、「私はやってません。私はその言葉を聞いてない」、大原も「私も覚えてない」と突然の暴露。監督は「言った!」と否定するなか、戸田は「私はリーダー役だったので、みんなを俯瞰して観ていたので、担当の子供がいなくて」と弁明。「全体を締めてたんだよね」とフォローが入ると戸田は「シメました!」と元気に回答するも、「語弊がある! 全体を引き締めてました!」と慌てて訂正し、共演者一同笑いに包まれた。

京都の撮影所に一か月泊まり込みで撮影したという本作。撮影時の思い出を聞かれ戸田は、「例のやっちゃんがですね」と切り出し、「『大女優になりたいです、どうやったら大女優になれますか』と聞かれて。私が大女優じゃないからわからないと答えたんです。別の日に『お寺に行ってお母さんとお願いことしてきました』というので、どういう女優さんになりたいの? って聞いたら『戸田恵梨香さんと大原櫻子さんと……』ってすごい気を使って言ってくれてるなって感じた時に子供ってすごいって思ったのが強烈に残っていますね」と述懐。「やっちゃんの話でもう一つ面白い話がある」と大原は、「撮影後にすごく寒かったのですが、やっちゃんは衣装の薄着のまま歩いてるんです。カメラも回ってないし寒いから着なって言っても、『いいの! 女優は寒いときにもこういう恰好で歩くの』って(笑)」とエピソードを披露した。

また、戸田の撮影中のエピソードについて聞かれた大原は、「ずっと現場では俯瞰で回りを観られていたのですが、撮影の後半で子どもたちが列にならなきゃいけないときに、子供なので全然言うこと聞かなくて困っていたら、恵梨香さんが一言『うるさい!』って(笑)」と暴露。戸田は「子役が関西の子がほとんどで、私も地元が兵庫県なもので、関西弁で『うるさいねん!』と」と苦笑しながら現場で初めて怒ったと明かした。

最後に、サプライズで子役たちが登場し、登壇者に花束を贈呈。一年ぶりの再会に登壇者の顔もほころぶなか、平松監督は本作の見どころについて、「子供たちの奮闘ぶりも楽しんでいってください。ちょっとでも楽しいなって思ったらSNSでどんどん広めてください」。大原は、「子供たちとの撮影は、子供たちも大変だったと思いますし、私たちもいろいろありました。この映画を観終わった後に、この子達を守っていかなきゃなって思う作品です。観てほしい映画というよりは、絶対に観なきゃいけない映画だと思います」。戸田は、「この作品は、未来ある子供たちを守りたいと初めて私も実感した現場でした。実際に生きている人たちの実体験をリアルに聞けるのは、もしかしたら私たちが最後の世代なんじゃないかなって思います。実際にあった話戦争というものがどういうものであったのかを伝えられるのが、今回の作品でした。若い世代、その当時を生きた人、みなさんに伝わったら良いなって思います。十年、二十年先に心に残る作品になったら」とアピールし、イベントは大盛況で幕を閉じた。

フォトギャラリー

【STORY】
東京も安全ではなくなっていた1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。別の保育所・愛育隣保館の主任保母の助けもあり、最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、なんとか子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で我が子を保母たちに託すことを決意。しかし、戸越保育所の所長がようやく見つけてきた先は古びた荒れ寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、地元の世話役の協力をえて、子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。戦争が終わる日を夢見て…。そんな願いをよそに、1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を来襲。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。

作品情報

映画『あの日のオルガン』
2月22日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

出演:戸田恵梨香 大原櫻子 佐久間由衣 三浦透子 堀田真由 福地桃子 白石 糸 奥村佳恵
監督・脚本:平松恵美子
エグゼクティブプロデューサー:李鳳宇
プロデューサー:三宅はるえ
企画:鳥居明夫、李鳳宇
撮影:近森眞史
照明:宮西孝明
美術:小林久之
録音:西山徹
編集:小堀由起子
音楽:村松崇継
配給:松竹
(C)映画「あの日のオルガン」製作委員会

オフィシャルサイトwww.anohi-organ.com