レディー・ガガ×ブラッドリー・クーパー再び共演! 「第91回アカデミー賞」で映画『アリー/ スター誕生』主題歌「シャロウ」披露決定

レディー・ガガ×ブラッドリー・クーパー再び共演! 「第91回アカデミー賞」で映画『アリー/ スター誕生』主題歌「シャロウ」披露決定

「第91回アカデミー賞」にて作品賞を含む8部門でのノミネートを果たした、レディー・ガガ初主演映画『アリー/スター誕生』。日本時間2月25日(月)に米ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される「第91回アカデミー賞」授賞式で、レディー・ガガと主演・監督を務めたブラッドリー・クーパーが本作の主題歌“シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』愛のうた”をパフォーマンスすることが正式発表された。

現在、米ラスベガスで公演中のレディー・ガガの「ENIGMA~エニグマ」では、セリーヌ・ディオン、ケイティ・ペリーなど、多くのセレブたちが訪れるなか、先日ブラッドリー・クーパーがサプライズ来場。劇中さながらに寄り添いながら1本のマイクで熱唱し、劇中以外に2人揃ってのパフォーマンスはこれ初めてということもあって、多くの観客を沸かせたばかりだ。世界最大の映画の祭典「第91回アカデミー賞」の大本命の呼び声高い本作は、作品賞、主演男優賞:ブラッドリー・クーパー、主演女優賞:レディー・ガガ、助演男優賞:サム・エリオット、主題歌賞:“シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた”、撮影賞、脚色賞、録音賞の計8部門のノミネートを果たしている。2人によるサプライズなパフォーマンスは、「アカデミー賞」の公式 Twitter アカウントにて「クーパー。ガガ。“シャロウ”#Oscars」というシンプルなツイートで発表され、ファンを喜ばせた。

ベネチアやトロントなど、世界中の国際映画で絶賛され、「フォーブス誌」ほか名だたるメディアが称賛を送る本作。10月5日に全米で封切られると、公開後も全米No1映画評サイト『ロッテン・トマト』で驚異の90%フレッシュを維持し続けた。さらに劇中で披露される楽曲の数々を収めたサウンドトラックは、全米アルバム・チャート3週連続1位、全英アルバム・チャート2週1位、そして世界89ヶ国のiTunesで1位を獲得。ガガ史上最大のヒットであると共に『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』を抜く、驚異的セールスを樹立するなど、第二次ガガ・ブームの様相を呈した。この全世界での熱狂を受け、昨年12月21日に日本公開されると、「早くも本年度最高!」や「アリーの生きざまに心が震えた!」といった多くの感動の声がSNS上で飛び交い、日本中が感動の渦に包まれている。

「ゴールデングローブ賞」では5部門にノミネートされ、主題歌賞を受賞! 本作のメイン曲「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」が対象となる、音楽界の功績を讃える「グラミー賞」(日本時間2月11日(月)受賞発表)においても、主要部門である「年間最優秀楽曲」「年間最優秀レコード」をはじめ4部門にノミネートされている。

【STORY】
アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガーのジャクソンと出会う。彼女の歌にほれ込んだジャクソンに導か れるように華々しいデビューを飾り、瞬く間にスターダムを駆け上るアリー。激しく恋に落ちて固い絆で結ばれる 2 人だったが、アリーとは反対に、全盛期を過ぎ たジャクソンの栄光は陰り始めていき…。ラストステージ――ジャクソンの愛が、アリーの覚悟が、そして2人のうたが、見るものすべての心を震わす感動のエ ンターテイメント。

作品情報

『アリー/スター誕生』
全国ロードショー中

監督&製作:ブラッドリー・クーパー 
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

オフシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/

リリース情報

アリー/ スター誕生 サウンドトラック
発売中