立川志の輔「初主演で意気込んで行ったら、猫の脇役でございました」。映画『ねことじいちゃん』、“猫好きにとって天国”な撮影秘話を披露!

立川志の輔「初主演で意気込んで行ったら、猫の脇役でございました」。映画『ねことじいちゃん』、“猫好きにとって天国”な撮影秘話を披露!

2月22日(金)=“猫の日”に公開される落語家・立川志の輔初主演映画『ねことじいちゃん』の完成披露試写会が、2月5日、新宿バルト9で開催され、立川志の輔、柴咲コウ、小林 薫、銀粉蝶、山中 崇、葉山奨之、岩合光昭監督、ベーコン(猫)が登壇した。

多くの猫好きが集まった会場に、蝶ネクタイ姿にスーツで登場の志の輔は「私がじいちゃんです」とにっこり。写真展やNHKの番組を通して、岩合の撮る猫たちの姿に感動を覚え、会って話をするなかで「ときどき言う冗談は面白くないけど(笑)、純粋で作品も人間性もすてきで、尊敬する気持ちを抱くなかで今回のオファーをいただいた」という。当初は「何を考えてるんだ?」とオファーを断ったが「事務所からのメールだけで終わりにするのも申し訳ないと電話をかけたんですが、落語家の欲で『ワンカットくらい出してください』と言ったら、岩合さんの事務所で会うことになって、話すうちに、いつの間にやら『3月のひと月ほどで島で撮影するので来ませんか?』と言われて、気づいたら撮影が終わってました!(笑)」と振り返る。

撮影について志の輔は「初主演ということで、それなりに意気込んで行ったら、猫の脇役でございました(苦笑)」、「監督はネコのことはシーンごとに『お前はすばらしい猫だ』って褒めるのに、私は1回もそんなこと言われなかった……」と、ぼやきも。それでも今回、共演したタマ役の猫のベーコンには「監督の言うことを一番わかっているのはタマで、私がテイク1、テイク2、テイク3……となっても『いいんだよ、落ち着いてやりな』という感じで、タマの中に誰か入っているか? AIなんじゃないかというくらいすばらしかった!」と感謝と称賛を口にし、会場は温かい拍手に包まれた。

岩合は、志の輔の出演について「(最初に断られたことに)ショックを受けて、何回も挑戦して、最後の手段で『師匠に出ていただけないなら、この映画を作るのやめます!』と言った」と明かし、出演にこぎつけたときは「ホテルの天井に頭をぶつけそうになるくらい飛び上がって喜びました」と明かしていた。改めて完成した映画について「すばらしいキャスト、スタッフに恵まれてできました。もちろん、猫好きの方に観ていただけるかと思いますが、猫に興味のない方を引っ張って来ていただいて、ぜひ興味を持って、猫の味方になっていただければと思います」と客席を埋め尽くしたネコ好きの観客たちに呼びかける場面も。

ヒロインの美智子役を演じた柴咲は「まず岩合さんの初監督ということで、絶対にその『初めて』に参加したいと意気込んで、とにもかくにも出させてもらおうと、どういう役かもわからず引き受けました。志の輔さんの“初主演”ももちろん、今回限りのことですから、2つの『初めて』に立ちあえて嬉しかったです」と笑顔で述懐。島の住人であるサチを演じた銀粉蝶も「のどかな島で、東京で毎日暮らしてたら考えられないようなのんびりした空気の中で撮影し、(タマ以外にも)ほかにも猫がいっぱいいて、猫好きなので天国でした」と楽しそうに撮影を振り返っていた。

志の輔演じる大吉の息子・剛を演じた山中は「最初に(撮影が行われた)佐久島に行ったときは、風が強くて『どこに連れて行かれるんだろう?』という感じで船に酔ってしまったんですが……」と苦笑交じりに撮影当初を振りかえりつつ「映画を見たら、のどかでいい空気が流れていました」と仕上がりに満足そうな表情。「食べ物もすごくおいしそうに映ってまして、(見ていて)お腹がすくと思いますが、この後おいしいものでも食べに行ってください!」と笑顔で呼びかけた。

島の郵便局員・聡を演じた葉山は、錚々たる豪華共演陣と並んでの登壇に「この先輩方とご一緒させていただき緊張してます! この中では一番若いので……(笑)」と終始興奮した面持ちを見せていた。大吉の友人・巌を演じた小林は、撮影が行われた佐久島、宿泊した日間賀島の海の幸を堪能したそうで「東京では考えられないような値段でとれたてで新鮮の魚やタコ、カキの蒸したのなんかを食べて、師匠と毎晩、飲んでました」とにっこり。志の輔も「レジに立ってる小林さんを見るたびに『これが毎晩、続けばいいのに』と思ってました」とほろ酔い気分の撮影の夜を懐かしそうに思い出していた。

最後のフォトセッションでは、キャストに加えて、主演猫のタマを演じたベーコンが、キャストが集まる中央まで自ら歩いて登壇するというスーパーキャットぶりを見せつけ、その様子に会場は大盛り上がり。撮影中も会場は温かい笑い声に包まれ、イベントは終了した。

【STORY】
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

作品情報

『ねことじいちゃん』
2月22日(金)全国ロードショー

原作:「ねことじいちゃん」 ねこまき(ミューズワーク)著/KADOKAWA刊
監督:岩合光昭 
出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林 薫、田中裕子、柄本 佑、銀粉蝶、山中 崇、葉山奨之 ほか
脚本:坪田文
製作:「ねことじいちゃん」製作委員会 
©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

オフィシャルサイト
http://nekojii-movie.com/

「ねことじいちゃん」原作