フェルナンド・トーレス、日本代表のあの選手を「素晴らしい」と褒める

フェルナンド・トーレス、日本代表のあの選手を「素晴らしい」と褒める

Jリーグのサガン鳥栖は2月5日、香港の国際大会「ルナー・ニューイヤーカップ」で香港選抜と対戦。1-1でPK戦の末に鳥栖が勝利したこの試合で、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが早くも今季初ゴールを決めた。

新戦力で同じスペイン人のイサック・クエンカからのパスを鮮やかにゴールネットに突き刺したトーレス。アトレティコ・マドリーからシーズン途中に加わった昨年は、17試合3ゴールとやや物足りない成績に終わったが、今年はやってくれそうだ。

そんなトーレスのもとに、ミスター・レッズこと福田正博氏が『FOOT×BRAIN』の取材で訪れインタビューを行った。トーレスは日本での生活に満足していることとともに、Jリーグで印象に残っているチームと選手を明かしてくれたぞ。

トーレスの印象に残ったチームは、J1連覇を達成した川崎フロンターレ。選手の技術が高く、チームとしてのプランやコンセプトが一貫しているように感じたのだという。そして、「素晴らしい選手」として名前が挙がったのは、浦和レッズのDF槙野智章だった。

槙野は先日のアジアカップに日本代表として出場したが、冨安健洋の台頭によりワールドカップに続きベンチを温めることが多かった。しかしながら、ヴァイッド・ハリルホジッチ、西野 朗、森保 一と、指揮官が代わりながらも代表に選ばれ続けているのにはもちろん理由がある。

長いキャリアで世界屈指のDFたちと渡り合ってきたトーレスは、「彼のような高い守備力の選手と対戦するのが好きです」と槙野に対して賛辞の言葉を送っていた。

こういった話を聞くと、試合での両者の対決がより楽しみになってくる!

明治安田生命J1リーグは、2月22日(金)に開幕。サガン鳥栖は翌23日(土)に名古屋グランパスとホームで対戦する。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by QOLY