北山宏光、多部未華子が和装姿披露! 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』“トラさん招き猫”でヒット祈願

北山宏光、多部未華子が和装姿披露! 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』“トラさん招き猫”でヒット祈願

2月15日(金)に全国公開される、映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』の「“トラさん招き猫”でヒット祈願」イベントが、本日2月7日(木)に縁結びとまねき猫で有名な、“猫と縁の深い”浅草の今戸神社にて開催され、主演の北山宏光と、多部未華子が登壇した。

本作で映画初出演にして初主演、そして初猫役に挑んだ北山と、北山扮する寿々男の妻・奈津子役として、本格的な母親役に初挑戦した多部。天気に恵まれた今戸神社に、2人が“夫婦そろって”華やかな和装姿で登場すると、集まったファン100名からは黄色い歓声が飛び交った。集まった多くの報道陣が注目するなか、本堂での祈祷を粛々と終えた二人。「朝早く、寒い中ありがとうございます」と北山が開口一番に感謝を述べると、続く多部も笑顔を浮かべながら深々とお辞儀。二人の和装姿にファンからは「可愛い~!」と大歓声が起こるなか、北山は「こうして神聖な場所で和装してヒット祈願できたのは光栄です」とコメント。北山の姿に、多部が照れ笑いを浮かべながら「素敵なお着物ですね…(笑)」と褒めると、またもや悲鳴に近い歓声が巻き起こり、思わず北山も「(リアクションの)練習してないですよね?!  皆さんの反応がすごくいい(笑)」と吐露し、ファンを沸かせた。

主人公の売れない漫画家・寿々男役と、寿々男が猫として生まれ変わった“トラさん”役という、人間と猫の二役を演じ、初主演ながら、撮影後には“自分の日常生活との境界線が分からなくなることがたくさんあった”と語るほど全身全霊で難役に挑んだという北山は、「初映画で初主演、そして初猫だったので、自分の中でこれからきっと忘れられない作品になっていくのだろうなと思う」と振り返りつつ、「祈祷中も、『売れろ、売れろ~』って考えてました(笑)」と冗談をまじえながらも「とにかく1人でも多くの方に観てほしいと願いました」と、公開を間近に控えた素直な胸中を明かした。

一方の多部も、明るく大らかに寿々男や娘の実優(平澤宏々路)を支える“妻”であり“母”である奈津子という、これまで経験がなかった役柄に、「奈津子は、まさに“こんな奥さんがいたらいいな”というキャラクターで。そんな素敵な奥さんを演じさせていただいて、正直難しかった部分もありました」とコメント。しかし、現場で明るくコミュニケーションをとる北山の人柄のおかげで、「すごく現場が楽しかった」と笑顔で撮影を振り返った。

イベント中、終始仲睦まじい様子を見せた北山と多部は、実は本作で初共演。多部の第一印象について、「人見知りなのかなって最初は思いました。10分位の少しの空き時間でも小説を読まれていて、『絶対、そんな短時間じゃ中身頭に入らないでしょ!』って(笑)。そんな時は、(実優役の)宏々路ちゃんも含めて「一緒にご飯たべよ」ってお誘いしてました」と答えた北山に対し、多部は「すごく小さな空間だったので、『一緒に食べよ』って言われたら食べるしかなかったですね」と茶目っ気たっぷりにコメント。多部の発言に、「渋々だったの!?」と狼狽える北山のリアクションに観客や報道陣からも笑いが起こるなか、多部が「そんなことないですよ! 北山さんはイジられやすいキャラクターなので、現場は本当に和やかで楽しかったです」と笑ってフォローしつつ、「でも、現場では皆からずっとイジられていたので、普段はどんな立ち位置の人なのかなって思ったりもしました(笑)」と明かすと、すかさず北山が「(Kis-My-Ft2)メンバーの中では、イジったりイジられたり……。でも、撮影の現場でイジってたのは多部ちゃんだけだよ!」と切り返し、「多部ちゃんがいじるから皆も“多部化”していくんです……」と嘆いていた。そんな二人も、撮影を重ねるうちにお互いの印象も変わったとのことで、「多部ちゃんは実際は気持ちいいほどサバサバしてて、カッコいい方だなって」と北山が明かすと、多部も「素敵な方だと思います。実は、私の母親が一番好きなアイドルなんですよ、北山さん。この前も『やっぱりすてきな人だわ』って話していました(笑)」と北山を絶賛した。

撮影中の思い出について、「トラさん役のネコの金時(きんとき)が、撮影中にどこかに脱走してしまって、皆で探しましたのはすごく覚えてます」(北山)、「北山さんと宏々路ちゃんと3人でゲームしたり、遊んだ記憶がすごくあって、楽しかったです」(多部)と答えた二人は、特におすすめのシーンについて聞かれると、「どのシーンもオススメですが、奈津子と実優が、死んでしまった寿々男を想いながら話すシーンは、僕自身としても感動しました。いいシーンだなって。また、寿々男と奈津子が言葉を交わさず笑い合うシーンも、二人の関係性がすごく伝わるシーンなので、注目してもらいたいです。」(北山)、「やっぱり北山さんの“猫姿のシーンですね。飯豊まりえさんが演じられた白猫のホワイテストも含めて、二人のシーンはとても好きです。撮影初日に北山さんの猫姿を観たのですが、肉球を付けてもらっている北山さんの姿を見て、可愛いなってほのぼのしました。」(多部)とそれぞれ見どころを語った。

イベントでは、映画公開を記念した特製“トラさん招き猫”のお披露目除幕式も行われ、「トラさん大ヒット!」のかけ声を合図にトラ柄があしらわれた“トラさん招き猫”が披露されると、ファンからは歓声が。北山と多部も「可愛い!縁起も良さそうですね。」と声を揃えて目を輝かせた。

最後に作品を楽しみに待つファンに向け、北山が「待ちに待った公開です。素晴らしいキャスト・スタッフの皆さんで、愛情を込めて作った作品なので、ぜひ劇場に来ていただけると嬉しいです。作品の魅力を一言で言うと、“家族愛”かなと。だから家族皆さんで観ていただきたい。例えば日曜日に、娘や奥さんに劇場に無理やり連れてかれたお父さんが、上映後には一番号泣して出てくるみたいなことがあったら嬉しいな(笑)」と語ると、続く多部も「物語の設定は少し変わっていますが、テーマはとてもシンプルで、すてきなメッセージが伝わるかと思います。北山さんと同じく、ぜひ大切な人と一緒に観ていただき、“家族愛”を感じてもらえたら嬉しいです」(多部)と想いを重ねて作品をアピールした。

【STORY】
売れない漫画家・高畑寿々男は身の程知らずなポジティブ男。酒とギャンブルに溺れる日々を送っていた。
そんなある日。競輪で大当たりして大喜びした帰り道、交通事故で死んでしまう。何の覚悟も、次の作品の発表も、何の教訓も、残さないまま。嫁と娘を残して。寿々男が目覚めると、そこは「関所」だった。死んだ人間はここで面接を受け、次の命が決められる、というシステム。寿々男のあまりのクズっぷりに、裁判長も呆れ顔。そして、下された判決は…
『執行猶予一ヶ月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただし、猫 として。』…だった。
猫の姿で妻・奈津子と娘・実優のもとに戻った寿々男は…。

作品情報

『トラさん~僕が猫になったワケ~』
2月15日(金)全国ロードショー

出演 北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム
原作 板羽 皆「トラさん」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督 筧 昌也
配給 ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

オフィシャルサイト
torasan-movie.jp

『トラさん』原作