同性愛を“治す”。青年の衝撃的な実話を描く映画『ある少年の告白』4月19日公開決定! ヴィジュアル&予告編も

同性愛を“治す”。青年の衝撃的な実話を描く映画『ある少年の告白』4月19日公開決定! ヴィジュアル&予告編も

ジョエル・エドガートン監督、ルーカス・ヘッジズ主演作『ある少年の告白』の公開日が、4月19日(金)に決定。併せてヴィジュアルと予告編が解禁された。

アメリカの田舎町。牧師の父(ラッセル・クロウ)と母(ニコール・キッドマン)のひとり息子として、何不自由なく育った大学生のジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)。彼はある時、思いがけない出来事をきっかけに自分は男性のことが好きだと気づく。しかし、息子の告白を受け止めきれない両親が勧めたのは、同性愛を“治す”という転向療法への参加だった。そこでジャレッドが目にした<口外禁止>だというプログラムの内容は驚くべきものだった。自らを偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ある行動を起こすが――。原作は、2016年に発表され、NYタイムズ紙によるベストセラーに選ばれるなど全米で大きな反響を呼んだ衝撃の実話だ。

主人公ジャレッドを演じるのは、若手実力派ルーカス・ヘッジズ。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』では、弱冠20歳にして「アカデミー賞」助演男優賞にノミネートされたほか、『スリー・ビルボード』『レディ・バード』など話題作への出演が続く。さらには、ジャレットの両親役にはラッセル・クロウ、ニコール・キッドマンとベテラン俳優陣が脇を固める。また、共演にはグザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン、レッド・ホット・チリペッパーズのベーシスト、フリーら個性的な面々も出演。俳優としても活躍するジョエル・エドガートンがメガホンを取る。

解禁された予告編映像では、大学生活を送るキラキラとした青春シーンからは一変し、両親の勧めで参加した矯正セラピーの衝撃の実態が垣間見える。偽ることのできない自分、愛する家族、受け入れることができない施設の方針……さまざまな中で葛藤する主人公ルーカス・ヘッジズが、感情を爆発させる場面は観る者の胸を揺さぶる。さらに、来日公演も即日完売となった注目の人気シンガー、トロイ・シヴァンは、本作へ出演のみならず、楽曲「Revelation」も提供。予告編でも使用され、映像と相まって感動的に世界観を盛り上げている。

【STORY】
牧師の父(ラッセル・クロウ)と母(ニコール・キッドマン)を両親にもつジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)は、大学生となった。きらめくような青春を送るなか、思いがけない出来事をきっかけに、自分は男性が好きであることに気づく。意を決して両親にその事実を告げるが、息子の言葉を受け止めきれない父と母は困惑し、動揺する。

父から連絡を受けた牧師仲間が助言をするため、続々と家へやってくる。
父は問う。「今のお前を認めることはできない。心の底から変わりたいと思うか?」
悲しげな表情の母を見て、ジャレッドは決心する。「 はい」

母が運転する車に乗り込み、ジャレッドは施設へと向かう。「治療内容はすべて内密にすること」細かな禁止事項が読み上げられ、部屋へと案内される。白シャツの同じ服装の若者たちが弧を描くように椅子に腰を下ろしている。
「救済プログラムにようこそ!」12日間のプログラムが始まった 。

作品情報

『ある少年の告白』
4月19日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー!

出演:ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートン、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン
監督・脚本:ジョエル・エドガートン
原作:ガラルド・コンリー
音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ
撮影:エドゥアルド・グラウ
プロデューサー:ケリー・コハンスキー=ロバーツ(p.g.a.)、スティーヴ・ゴリン(p.g.a.)、ジョエル・エドガートン(p.g.a.)
原題BOY ERASED
配給:ビターズ・エンド/パルコ

©2018 UNERASED FILM, INC.

オフィシャルサイトwww.boy-erased.jp