猫の金時くん、北山宏光主演の映画『トラさん』PRのためエンタメステーション1日編集長に。「にゃくほど感動!」

猫の金時くん、北山宏光主演の映画『トラさん』PRのためエンタメステーション1日編集長に。「にゃくほど感動!」

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』に出演している、猫の金時くんが映画のPRのため、本日2月8日(金)にエンタメステーション編集部を訪問。一日編集長を務めた。

本作は、酒とギャンブルに溺れる売れない漫画家・高畑寿々男(北山宏光/ Kis-My-Ft2)が、死後、「猫=トラさん」の姿で家族の元に戻され、家族をやりなおす30日間を描いた作品。“大切な人がそばにいる奇跡”、“生きているだけで奇跡”など、生きているときには気づかなかった想いや、当たり前の大切さを気付かせてくれる感動作となっている。

実は、本作で北山演じる【トラさん】はせっかく家族の元に戻ったのに、家族はもとより、人間からはただの猫に見えるだけ。金時くんは、生きている人間からの視点で描かれるシーンで登場する、重要な役どころを演じているのだ。

そんな金時くんが自らPRのために編集部を訪問するとあって、「猫派」を公言する人が多い編集部では、今か今かとソワソワ…。ついにご到着された金時くんは、リュックに入って登場! これを見た編集部員から「かわいい~~~~」との声が漏れ出て、週の終わりで疲れ気味の大人たちを早速癒すというカリスマぶりを発揮した。


そのあとは、一日編集長の仕事をこなすため、パソコンに向かってひたすらお仕事!! 猫の手も借りたいほど忙しい(!?)編集部員のためにせっせとお仕事を進めるも、 金時くんもさすがに疲れてきたのか猫背気味に……。


次は、編集部で飼っているaiboのはなちゃんと初対面! 

aiboのはなちゃんは、いつも構ってくれない飼い主たちが一斉にカメラを向けていることもあってか、嬉しすぎて歌までうたって飛び跳ねるも、金時くん、そこはさすがのスター! カメラも慣れっこ。大人しい金時くんもジト目で「にゃ~(おちついて)」って、はなちゃんに注意勧告!?

最後は、持ってきた本作のチラシを持って編集部をまわって、ひとりひとりにご挨拶周り。「是非見てほしいにゃ~」「面白いにゃ~」「にゃくほど感動するにゃ」と本作をしっかりアピール。

金時くん猛プッシュの映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日(金)全国公開!!

観るしかにゃいっしょ! 金時くん、お疲れさまでした!!!

 

作品情報

『トラさん~僕が猫になったワケ~』
2月15日(金)全国ロードショー


【STORY】
売れない漫画家・高畑寿々男は身の程知らずなポジティブ男。酒とギャンブルに溺れる日々を送っていた。
そんなある日。競輪で大当たりして大喜びした帰り道、交通事故で死んでしまう。何の覚悟も、次の作品の発表も、何の教訓も、残さないまま。嫁と娘を残して。寿々男が目覚めると、そこは「関所」だった。死んだ人間はここで面接を受け、次の命が決められる、というシステム。寿々男のあまりのクズっぷりに、裁判長も呆れ顔。そして、下された判決は…
『執行猶予一ヶ月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただし、猫 として。』…だった。
猫の姿で妻・奈津子と娘・実優のもとに戻った寿々男は…。

出演 北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム
原作 板羽 皆「トラさん」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督 筧 昌也
配給 ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

オフィシャルサイト
torasan-movie.jp

『トラさん』原作