山﨑賢人、声優初挑戦! 『二ノ国』アニメーション映画化決定。「今からワクワクしている」

山﨑賢人、声優初挑戦! 『二ノ国』アニメーション映画化決定。「今からワクワクしている」

人気RPGシリーズ「二ノ国」のアニメーション映画化が決定。本日2月9日(土)に行われた製作発表会で、俳優の山﨑賢人が声優に初挑戦することが発表された。

「妖怪ウォッチ」「レイトン教授」シリーズなど、数々の大ヒット作を世に送り続けるレベルファイブの日野晃博が製作総指揮/原案・脚本を務め、スタジオポノックやスタジオジブリ作品で活躍し、新たな映像表現に挑戦し続ける鬼才・百瀬義行が監督、スタジオジブリや北野 武作品ほか、様々な映画作品の音楽を手がけ、多くの名曲を生み出してきた久石 譲が音楽を手掛ける本作。製作発表会には、日野、百瀬監督、そしてワーナー・ブラザーズ ジャパン/エグゼクティブプロデューサーの小岩井宏悦、そして主人公の声を務めるが山﨑が出席した。

10年前から映画化を意識していたという日野は「非常に嬉しい」とコメント。小岩井も「10年前にジブリの製作協力を得て、久石さんの音楽でゲームを作るってどんな剛腕プロデューサーなんだろうって日野さんに興味があった」とし、「10年を経てコンテンツが大きく成長した、良いタイミングでこの日を迎えられたことがすごく幸せです」と語った。

また、本作の物語の内容について、「メルヘンな恋愛もののドキドキとファンタジーとしてスぺクタルな映画としての魅了を兼ね備えている。世界中で応援してくれている『二ノ国』というコンテンツなので、日本の文化を伝えるため、現代の日本を舞台にした物語になっているところもポイント。」とゲームとは舞台が異なるオリジナルストーリーで展開していくことを明かした。また、「枠にとらわれないのが『二ノ国』の魅力」と語る百瀬監督は、「今回は日本人の男の子と女の子が主人公。馴染みのある作品なので、面白く作れたらなと思っている」とコメントした。

さらに、久石について日野は「ワーナーさんからOKを頂いていた脚本を持って行ったのですが、ファンタジーの世界を中心に描いた物語で構成していた脚本を見て、『これって二ノ国だよね。一ノ国と二ノ国を行ったり来たりする楽しさがないと二ノ国と言えないんじゃないの?』って言われたことにショックを受けて、すべてシナリオを書き直したんです。でもそのおかげで、さらに良くなったという評価を周りからもいただくことができた。』と制作秘話を明かした。

そして、主人公の声を務める山﨑について、小岩井は「主人公ユウは演技の幅が相当に広くないといけなかった。『グッド・ドクター』や『キングダム』の予告だけ見ても、明らかに今の若手の中でもナンバーワンの演技力だと思っていて、どうしても彼にお願いをしたかったんです」、日野も「もともと僕は山﨑賢人という俳優が大好きで、『トドメの接吻』も何度も見た(笑)。なので、ただただ、収録が楽しみです。」と大絶賛。そんな山﨑は声優初挑戦。「まさか、声のお仕事を僕にいただけるとは思っていませんでしたので光栄です。しかも、こんなにすごい方々とご一緒できるなんて、本当に自分は恵まれてるなぁと思いました。声優というお仕事には尊敬していて、以前から挑戦してみたいなという気持ちはありました。初めてなので、どういった場所でどういうふうに作っていくのかもわからないのですが、そこも楽しみながらこの作品を作り上げていくことに今からワクワクしています。」と意気込みを語った。

最後に山﨑は「本当に脚本もすごく面白くて、鳥肌です! 夏に向けて、みなさんに届けられるように全力で頑張りますので、楽しみにしていてください」とアピール。日野も「鳥肌であるという、ありがたいお言葉を今いただきましたが、本当にいい作品になっていると思います。今回はゲーム原作だけど内容が全く違ったものになっていて、シナリオ、ストーリーもどんでん返しがあったりと面白い内容ですし、映像のクオリティもすごく、三拍子揃った作品になってます。クロスメディアものの新しい形のアプローチになると思っています」と自身をみせた。

作品情報

映画『二ノ国』
2019年夏、全国ロードショー

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石 譲
主演:山﨑賢人

原案:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会 
配給:ワーナ・ブラザス映画 
©2019映画「二ノ国」製作委員会