セクシー小悪魔コスで登場!永尾まりや「ホクロで見分けて」オシリを表紙にしたカレンダー発売!

セクシー小悪魔コスで登場!永尾まりや「ホクロで見分けて」オシリを表紙にしたカレンダー発売!

“今、カメラマンが一番仕事をしたいグラビアアイドル”として大人気の永尾まりやが、カレンダー『MARIYA NAGAO CALENDAR 2019-2020』を発売し、その発売記念イベントが2月11日(月・祝)福家書店新宿サブナ―ド店で行われた。バレンタインが近いということもあり、セクシー悪魔コス姿で登場。

昨年発売の写真集『マブい!まりや。』が今なお大ヒット中、グラビアはもちろん、テレビに映画に大活躍中の永尾まりや。本作は、4月始まりのスクールカレンダー仕様となっており、“マブい”色を一掃、クールでスタイリッシュな雰囲気で撮り下ろされた写真が満載なカレンダーになっている。遊び心いっぱいの表紙を開くと、2019年4月~2020年3月まで、彼女ならではのドキドキショットの連発、大判の写真集としても楽しめる。

永尾まりや『MARIYA NAGAO CALENDAR 2019-2020』撮影:唐木貴央 (ワニブックス)

セクシー悪魔コス姿で登場すると、まずは衣装のことについて訊かれ「わたしもちょっと恥ずかしかったんですけど…これは出版社の編集さんの趣味です(笑)。バレンタインだから、それっぽい衣装かなと思ってたんですが、今回は小悪魔ということで…今年も“予想外”な感じでで生きていきたいと思います」と、小悪魔コスでの登場理由を説明。

今回のカレンダーは表紙に顔が出ていない。その件については「予想外にいきたかった…“あれっ”ってビックリさせるような表紙にしたかったのと、自分はオシリがポイントなので、そこを大々的に表紙にしてみました」と顔のない表紙についてもサプライズ感を演出しての意図があった。

さらにオシリで永尾だとわかるポイントも説明してくれた。「このオシリ見ていただければわかると思うんですけど、これは永尾まりやですよね(笑)」と、説明になっていない説明で笑いを誘い、「ちょっと大きめなんですよ。あとここにホクロがあるんですけど(商品でご確認を!)…わたしも知らなかったんですけど…そこで見分けていただければと」と新発見を披露してくれた。

好きなパーツもオシリと答え、維持するための活動について永尾は「今はキックボクシングとパーソナルを少々やってます。ほぼオシリのトレーニングしかやってないです」とボディに磨きをかけているようだ。

永尾まりや『MARIYA NAGAO CALENDAR 2019-2020』撮影:唐木貴央 (ワニブックス)

カレンダーの内容について、「1年くらい前に雑誌の“アップトゥボーイ”さんの方でグラビアをやったんですが、それに加えて新しい写真を混ぜ合わせカレンダーにしました。カレンダーは1年なので、その1年分の変化を交互に入れた内容です」と作品を説明。
収録されている写真には下着姿も多い。「わたしがただ単に下着が好きという…水着よりも下着派なので」と答え、好きな下着については「レース調とか上品な感じが好きなので、大人っぽい下着が好きです」と話してくれた。

お気に入り(右上の写真)を披露 

カレンダーの中でのお気に入りを披露。「ズボンを脱いで、カメラマンさんに投げたんですよ。そうしたら、ちょうどズボンがレンズにはまったんです!だから奇跡の1枚です。サーフ系のTシャツとデニムの子が脱いだらかわいらしいセクシーな下着を着てたよという展開の写真です」。
カメラマンにズボンを投げた意図については「いつもカメラマンさんを挑発しちゃうクセがあって。カメラマンさんに向かって服やまくらを投げるんですが、こんなにいいショットが撮れたの初めてです」と、アドリブで行ったことでできたミラクルな写真をお気に入りと説明してくれた。

永尾まりや『MARIYA NAGAO CALENDAR 2019-2020』撮影:唐木貴央 (ワニブックス)

バレンタインでは毎年手作りでお菓子を作っているという永尾。「一応ラッピングは前もって買ってはあるんですけど、一つだけ大きな箱を買ってみたんです。誰にあげるかは決めてないです(笑)。本命はまだないんですけど。」と答え、好きなタイプについても言及されると「熱い方が好きですね。熱血教師みたいな方が好きです。松岡修造さんみたいな(笑)。わたしがあまり熱血するものがないので、そういうことを語られるといいなと思います」と理想のタイプを披露してくれた。

永尾まりや『MARIYA NAGAO CALENDAR 2019-2020』撮影:唐木貴央 (ワニブックス)

来月25歳を迎えるが、どんな1年にしたいかについては「予想外な感じで、皆さんを驚かせたいと思うので、新しい自分が出せたらなと思っています。グラビアでも何かを極めていきたいです。インリン・オブ・ジョイトイさんみたいな、奇抜な新しいポジションにいってみたいと思います」と今後どんな姿を披露してくれるのか楽しみなコメントしてくれた。
公開中の『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』や、2月14日に配信されるPlayStation VR向け、8K制作のインタラクティブVRコンテンツ『ハナビ HANA type B』でもヒロインを演じ、女優としても活躍中の永尾。「女優でも自分らしいポジションが確立できたらいいなとひそかに思っておりまして、こういう役だったらわたしにオファーしたいと思われる女優になりたいです」と意欲を語り、会見は終了した。

多くの週刊誌の表紙に登場し、グラビア界でも大成功を収めている永尾まりや。自分らしいポジションの確立を目指すと話していた目には、次のステージでの野望の光が宿っていた。グラドル、女優という枠にこだわることなく、“永尾まりや”というジャンルで、きっとまた驚かせてくれるに違いない。

フォトギャラリー

永尾まりや
『MARIYA NAGAO CALENDAR 2019-2020』

発売中
撮影:唐木貴央
定価:¥2,300+税
発売元:ワニブックス

永尾まりや(ながお・まりや)

1994年3月10日生まれ。神奈川県出身。身長158cm。血液型=O型
雑誌『S Cawaii!』レギュラーモデル。AKB48在籍時は“まりやぎ”の愛称で活動。2016年5月にAKB48を卒業、モデル、女優など幅広い活動を展開中。
公式Twitter:@mariyagiii310