音尾琢真、地元北海道で『なつぞらトークショー』に福地桃子と登場!「NACSメンバーとの共演は恥ずかしい」

音尾琢真、地元北海道で『なつぞらトークショー』に福地桃子と登場!「NACSメンバーとの共演は恥ずかしい」

4月1日から放送の連続テレビ小説『なつぞら』に出演する音尾琢真が、2月10日、ドラマの舞台であり、自身の出身地でもある北海道を訪れ「第70回さっぽろ雪まつり」で行われた「元気いっぱい北海道 feat.なつぞら」トークショーに、共演の福地桃子とともに登場した。

札幌市内3会場(大通会場、つどーむ会場、すすきの会場)で11日まで開催の「第70回さっぽろ雪まつり」。そのうちのひとつ、札幌市東区に位置するつどーむ会場(札幌市スポーツ交流施設 コミュニティドーム)の特設ステージでトークショーが行われた。
イベント当日は寒波に見舞われた札幌市だったが、つどーむ会場には600人を超える観客が集まり、中には愛知や岐阜から来たファンもいるほどの熱気に包まれた。

音尾は『なつぞら』で広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつが引き取られる北海道の酪農家・柴田牧場の従業員・戸村菊介役。演じる菊介は、北海道の地に根を張る男らしい役柄。一方の福地は、柴田牧場の長女・柴田夕見子役で、ヒロインのなつとはきょうだい同然に育ち、やがて町を賑わしながら札幌に出て行く役を演じる。

トークショーの中で音尾は1月に行われた十勝ロケで、松嶋菜々子や藤木直人、清原翔とともにワカサギ釣りに出かけ、その場で唐揚げにして食べたことなど、地元北海道での共演者たちとの思い出を語っていた。さらに『なつぞら』で共演するNACSについては、「たまにいっしょにお芝居をすると恥ずかしくなってしまう。親子や兄弟とやっている感じ」とコメント。

一方福地は、「先日のロケでは吹雪の中で撮影をし、雪が顔を当たり歩きながらのセリフが難しかったが、それが北海道なんだと思った」と振り返った。
さらに「北海道の料理をたくさん食べるシーンもたくさんあって、そういう時間も愛おしく感じた。家族での食事のシーンを重ねるたび、家族ができあがる感じがする」と現場でのエピソードを披露してくれた。

最後に音尾は「なつぞらの中に、少しでも多く北海道の息吹を吹き込みたいという思いで収録に臨んでいます。北海道は広いので、道民の方にも、十勝の魅力を感じてほしい」締めくくった。
極寒の会場は、軽快なトークにより終始笑いに包まれ、「さっぽろ雪まつり」のラストスパートを、大いに盛り上げた。

NHK連続テレビ小説『なつぞら』は4月1日から全156回で放送予定。同作には、音尾琢真のほか、同じチームNACSのメンバー、安田顕、戸次重幸の出演も決まっている。

2019年度前期 連続テレビ小説『なつぞら』

©NHK

放送予定:4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 /
岡田将生、吉沢 亮 /
安田 顕、音尾琢真 /
小林綾子、高畑淳子、草刈正雄 ほか

制作統括:磯 智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也 ほか

Twitter(@asadora_nhk)
Instagram(@natsuzora_nhk)

©NHK