桑田佳祐&原 由子、『KUWATA CUP 2019』始球式に登場!

桑田佳祐&原 由子、『KUWATA CUP 2019』始球式に登場!

桑田佳祐が旗振り役となって、昨年11月より開催されていた史上最大のボウリング大会『KUWATA CUP 2019』が、2月10日、ついに決勝大会の日を迎えた。予選から含めると、のべ3万人ものボウラーが参加、その中から勝ち残った強者が渋谷ヒカリエに集合、この決勝大会のために作られた特設レーンで、激しい戦いを繰り広げた。

同大会は、誰でもどこでも参加できる“みんなのボウリング大会”を標榜し、全国47都道府県501のボウリングセンターで予選が行われ、プロボウラー・アマチュアボウラー・競技アマチュアボウラー(マイボール・マイシューズを持ったアマチュア)・ジュニアボウラー、という各部門を設けていることが大きな特徴。

この日は、午前にプロボウラー部門以外の決勝が行われたあと、午後の後半の部では男女プロボウラーによるハイレベルな頂上決戦が開催されたほか、桑田佳祐も参加したエキシビジョンマッチ、各部門の表彰式などが行われた。

・開始と同時に桑田佳祐が登場!
決勝大会後半の部が開始されると、まずこの大会の旗振り役、桑田佳祐が、サザンオールスターズの名曲「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」にのって登場。幸運にもこの日入場することができた600人の観客の大きな歓声に迎えられた。

その後行われた始球式の際には、なんと原 由子も登場。桑田・原のふたりによる始球式というなんとも豪華な幕開けとなった。その後、桑田が“自称大会コミッショナー”としてコミッショナー宣言を読み上げ、いよいよプロボウラー部門の戦いが始まった。

・豪華なエキシビジョンマッチ!
男女プロボウラー部門の準決勝が終了すると、ハーフタイムショーに突入。チアガールによるチアダンスショーによって、緊迫した会場の雰囲気が一気に和やかに変わると、その次に待っていたのは、エキシビジョンマッチ!

桑田佳祐と、桑田と並び芸能界最強とも言われる俳優・村田雄浩のタッグによる「渡る世間にGスポッターズ」チームと、姫路麗プロ、名和秋プロによる「悩殺美人女子プロボウラーズ」チームとのタッグマッチという豪華な対決に、会場のボルテージは最高潮に達した。

・大会の締めはもちろん「レッツゴーボウリング」!
日本ボウリング界の最高峰を決める対決がすべて終了したあとには、プロボウラー・競技アマチュア・一般アマチュア・ジュニアアマチュアとすべての部門の決勝大会に残ったファイナリストたちの表彰式が行われた。

その後、檀上に経った桑田は、大会の締めとして、

「近い将来、実力も人間性も優れた選手たちが、少しでも多く世の中に認知されることを祈り、またボウリングがどんな社会貢献をすれば良いのだろうか? など、今後もボウリング界の皆さんと共に考え、いろいろと教えていただきながら、私もボウリングを楽しませていただきたいと思っています」

「今後、ボウリングの人気が復活して、できればもう少し安い値段で一般の人も楽しくプレイしていただきたい。愛すべきボウリング場に、多くの人が足繁く通ってほしい。私ももっとボウリングが上手くなりたい。また次なるKUWATA CUPを実現させていただくことを、ボウリングファンとして、音楽人として、また幼い頃から矢島純一さんや中山律子さんに憧れてきた、アマチュアボウラーのひとりとして、期待をしつつ、何かお役に立てることがあれば、喜んで協力させていただきたい。それが私の本望でございます」

などと語り、参加者、大会関係者ボウリングへの感謝の気持ちとともに、ボウリングに対する自身の思いを語った。

そして、最後はもちろん大会テーマソングである「レッツゴーボウリング」を歌唱。スポーツとエンタテインメントを融合させた、この日のイベントを象徴する素晴らしいエンディングとなった。

PHOTO BY 岸田哲平、関口佳代

番組情報

WOWOWライブ『みんなのボウリング大会「KUWATA CUP 2019」』
02/26(火)22:00〜
※大会の模様をオンエア!

リリース情報

2019.01.01 ON SALE
桑田佳祐 & The Pin Boys
SINGLE「レッツゴーボウリング」


WOWOW特設サイト
https://www.wowow.co.jp/music/kuwata/

桑田佳祐 & The Pin Boys特設サイト
https://special.southernallstars.jp/pinboys/

『KUWATA CUP 2019 ~みんなのボウリング大会~』特設サイト
http://kuwatacup.jp/2019/

サザンオールスターズ OFFICIAL WEBSITE
https://southernallstars.jp

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC