高森奈津美・星野 源ら出演映画『ちえりとチェリー』同時上映! 『チェブラーシカ 動物園へ行く』場面写真一挙公開

高森奈津美・星野 源ら出演映画『ちえりとチェリー』同時上映! 『チェブラーシカ 動物園へ行く』場面写真一挙公開

高森奈津美・星野 源をはじめ豪華キャストでおくる、心温まる日本初の長編オリジナルパペットアニメーション『ちえりとチェリー』(2月15日(金)全国公開)。このたび同時上映となる“チェブラーシカ”最新作『チェブラーシカ 動物園へ行く』の場面写真が一挙解禁された。

本作は人一倍がんばり屋さんでやさしく、思いやりたっぷりなチェブラーシカの魅力全開な待望の最新短編。チェブラーシカは、ロシアのエドゥアルド・ウスペンスキーが書き、1966年に発表。1967年に出版された児童文学『ワニのゲームとおともだち』をもとにアニメーションの巨匠ロマン・カチャーノフの手によって、コマ撮りのアニメーション映画が製作され、ロシアでは国民的キャラクターとして40年以上も愛され続けている。2010年に中村 誠監督により創られた27年ぶりの新作『劇場版 チェブラーシカ』が公開されると、日本国内で30万人を動員。2016年にスローシネマで公開された本作は、キャラクターの可愛さから話題になった。

今回解禁されたのは主役のチェブラーシカはもちろん、チェブラシーカに最初にできた友達のワニのゲーナとのほっこりする場面写真を中心に、キリンのアニュータなどかわいらしいキャラクター達を捉えたものばかり。主人公のチェブラーシカの声を折笠富美子が担当。脚本作りの段階から、原作者のエドゥアルド・ウスペンスキーも参加し、その世界観は原作者の折り紙つきだ。

【STORY】
動物園で“ワニ”として働くゲーナが風邪をひいてしまいます。人気者のワニがいなくなって困る動物園の仲間たち。そこでチェブラーシカは友だちのゲーナの代わりに“ワニ”として働くことになったのですが、、、

作品情報

『チェブラーシカ 動物園へ行く』
2月15日(金)より全国のイオンシネマにて2週間限定ロードショー
キャスト(声の出演):〈日本語吹替版〉 折笠富美子、土田 大、チョー ほか 
原作:エドゥアルド・ウスペンスキーによるチェブラーシカシリーズを元にしたオリジナルストーリー 
監督:中村 誠 
脚本:中村 誠、エドゥアルド・ウスペンスキー、ミハイル・アルダーシン 
エグゼクティブ・プロデューサー:及川 武 
プロデューサー:岩崎 卓
アソシエイトプロデューサー:藤原博行、小野昌司 
製作・配給:フロンティアワークス 
配給協力:イオンエンターテイメント 
上映時間:18分 

同時上映『ちえりとチェリー』 
キャスト(声の出演):高森奈津美、星野 源、尾野真千子、栗田貫一、田中敦子、伊達みきお(サンドウィッチマン) 、富澤たけし(サンドウィッチマン)ほか 
原作・監督:中村 誠  
脚本:島田 満、中村 誠 
キャラクターデザイン:レオニード・シュワルツマン、伊部由起子 
音楽:大谷 幸 
主題歌:Salyu「青空」(TOY’S FACTORY)
製作:「ちえりとチェリー」製作委員会(フロンティアワークス、東映アニメーション、ギャガ) 
配給:フロンティアワークス 
配給協力:イオンエンターテイメント 
上映時間:54分 

【STORY】 
誰もがみんな、いのちの火を持っているー
ちえりは小学6年生の女の子。幼い頃に父を亡くし、母親と二人暮らし。そんなちえりの唯一の友人は、蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”で、ふたりはいつも一緒にいた。ある日、久しぶりに祖母の家を訪れる。そこでちえりを待ち受けていた事とは…。空想と現実の狭間で、不思議な冒険が始まる!

©2010 CMP/CP 
©「ちえりとチェリー」製作委員会 

『ちえりとチェリー』作品サイト
www.chieriandcherry.com
チェブラーシカ オフィシャルサイト
www.cheb-project.com/gotozoo