高森奈津美・星野 源ら出演映画『ちえりとチェリー』、豪華声優陣キャスティングの秘密とは?

高森奈津美・星野 源ら出演映画『ちえりとチェリー』、豪華声優陣キャスティングの秘密とは?

本日2月15日(金)に全国公開される劇場アニメ『ちえりとチェリー』より中村 誠監督のコメントが到着した。

本作は、『劇場版 チェブラーシカ』(10)を手掛けた中村監督が、主要スタッフを再集結して完成させた日本初となる長編オリジナルパペットアニメーション。大好きな父親を亡くし喪失感を抱えた少女ちえりが、いのちの輝きと向き合い、新たな未来に向けて一歩を踏み出そうとする姿を描いた冒険ファンタジーだ。

声の出演には、主人公ちえり役に豊富なキャリアを持つ声優の高森奈津美、ちえりが蔵で見つけたぬいぐるみで、助言者として彼女に寄り添う‟チェリー″役に星野 源、ちえりの母親役に尾野真千子、ほか栗田貫一やサンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしといった錚々たるメンバーが顔をそろえている。

この豪華声優陣のキャスティグについて中村監督は「高森さんは可愛らしい声をしているんですが、そこはかとない悲しさやさみしさが混じった声なんです。そこがちえりとぴったりだと思いました。尾野さんも以前実写映画でお世話になったのですが、母親の生々しい生活感を表現するのにはぴったりだろうと思ってお願いし、実に見事に演じてくださいました」とコメント。そして星野については「ある意味、ちえりと母親役の間に存在する声が必要だったんです。声優でもなく、俳優だけの仕事をされているわけでもない。そんな声の出し方をする方という意味で。星野さんはその辺をうまく演じてくれています」と太鼓判! サンドウィッチマンは東北支援を続けている縁で本作に参加し伊達は住職を、冨澤は大黒様を演じているが、「普通に収録していたんですが、冨澤さんが伊達さんの住職にダメ出しをされまして、『ビートたけしさんの物まねでやれ!』と言い出されました」と当時を振り返った。

【STORY】
誰もがみんな、いのちの火を持っているー
ちえりは小学6年生の女の子。幼い頃に父を亡くし、母親と二人暮らし。そんなちえりの唯一の友人は、蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”で、ふたりはいつも一緒にいた。ある日、久しぶりに祖母の家を訪れる。そこでちえりを待ち受けていた事とは…。空想と現実の狭間で、不思議な冒険が始まる!

作品情報

『ちえりとチェリー』 
2月15日(金)より全国のイオンシネマにて2週間限定ロードショー
キャスト(声の出演):高森奈津美、星野 源、尾野真千子、栗田貫一、田中敦子、伊達みきお(サンドウィッチマン) 、富澤たけし(サンドウィッチマン)ほか 
原作・監督:中村 誠  
脚本:島田 満、中村 誠 
キャラクターデザイン:レオニード・シュワルツマン、伊部由起子 
音楽:大谷 幸 
主題歌:Salyu「青空」(TOY’S FACTORY)
製作:「ちえりとチェリー」製作委員会(フロンティアワークス、東映アニメーション、ギャガ) 
配給:フロンティアワークス 
配給協力:イオンエンターテイメント 
上映時間:54分 

同時上映『チェブラーシカ 動物園へ行く』
キャスト(声の出演):〈日本語吹替版〉 折笠富美子、土田 大、チョー ほか 
原作:エドゥアルド・ウスペンスキーによるチェブラーシカシリーズを元にしたオリジナルストーリー 
監督:中村 誠 
脚本:中村 誠、エドゥアルド・ウスペンスキー、ミハイル・アルダーシン 
エグゼクティブ・プロデューサー:及川 武 
プロデューサー:岩崎 卓 
アソシエイトプロデューサー:藤原博行、小野昌司 
製作・配給:フロンティアワークス 
配給協力:イオンエンターテイメント 
上映時間:18分 

【STORY】
動物園で“ワニ”として働くゲーナが風邪をひいてしまいます。人気者のワニがいなくなって困る動物園の仲間たち。そこでチェブラーシカは友だちのゲーナの代わりに“ワニ”として働くことになったのですが、、、

©2010 CMP/CP 
©「ちえりとチェリー」製作委員会 

『ちえりとチェリー』作品サイト
www.chieriandcherry.com
チェブラーシカ オフィシャルサイト
www.cheb-project.com/gotozoo