山田孝之初の全面プロデュース作品『デイアンドナイト』、注目の若きアーティストが手掛けるサウンドトラック配信決定!

山田孝之初の全面プロデュース作品『デイアンドナイト』、注目の若きアーティストが手掛けるサウンドトラック配信決定!

現在公開中の映画『デイアンドナイト』のオリジナル・サウンドトラックが、2月17日(日) 00:00より配信されることが決定した。

数々の映画、ドラマに出演し、名実ともに日本を代表する俳優・山田孝之が、一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦した本作。「人間の善と悪」をテーマに、父親の自殺をきっかけに実家に帰ることになった主人公が、父親の死の真相を探るうちに裏の顔があったことを知り、やがて自分も裏稼業に染まっていくさまを描く完全オリジナル作品だ。主演は、長編映画初主演となる阿部進之介、監督は藤井道人がメガホンをとる。

本作の劇伴を手掛けたのは、“中毒性がある”と話題のミニマル・ミュージック(最小限の音を反復させ、徐々に音階がずれていく楽曲)を得意とし、近年目覚ましく活躍しているアーティスト・堤 裕介。弱冠27歳という若さでありながら近年では、映画『チワワちゃん』やドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』などに楽曲を提供するほか、DEAN FUJIOKAの「Maybe Tomorrow」のMV撮影も手掛けるなどその才能を発揮。藤井監督作品では、映画『幻肢』以降、ほとんどの作品で音楽を担当しており、藤井監督はTwitterで、「僕の作品にとって欠かせない存在」と堤に絶大な信頼を寄せている。

そんな堤の手掛ける本作の劇伴は、登場人物たちの葛藤や迷い、“人間の善と悪”を、時に重く時に美しく際立たせ、物語をさらに盛り上げている。

清原果耶さんのインタビューはこちら
「私が演じる!」。山田孝之が絶賛する女優・清原果耶が映画『デイアンドナイト』に感じたシンパシー

「私が演じる!」。山田孝之が絶賛する女優・清原果耶が映画『デイアンドナイト』に感じたシンパシー

2019.01.21

【STORY】
父が自殺をし、明石幸次は実家に帰ってきた。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊の危機に陥っていた。そんな明石に、児童養護施設で働く男・北村が手を差し伸べる。子供を守るためなら犯罪も厭わない風変りな北村に魅せられた明石はやがて復讐に目覚め、善意と悪意は交差していく……。

作品情報

映画『デイアンドナイト』
全国公開中

出演:阿部進之介
安藤政信 清原果耶
小西真奈美 佐津川愛美 深水元基 藤本 涼 笠松 将 池端レイナ
山中 崇 淵上泰史 渡辺裕之 室井 滋 田中哲司  

企画・原案:阿部進之介
プロデューサー:山田孝之・伊藤主税
監督:藤井道人
脚本:小寺和久、藤井道人、山田孝之
配給:日活
©「デイアンドナイト」製作委員会

オフィシャルサイト
https://day-and-night-movie.com/