柴咲コウ主演『連続ドラマW 坂の途中の家』ドラマの世界観を凝縮した美しきキービジュアル完成!

柴咲コウ主演『連続ドラマW 坂の途中の家』ドラマの世界観を凝縮した美しきキービジュアル完成!

WOWOWドラマ初出演となる柴咲コウを主演に迎え、田辺誠一、伊藤歩、眞島秀和、倍賞美津子、高畑淳子、光石研、風吹ジュン、水野美紀ら実力派キャストが集結。“家庭に潜む究極の心理サスペンス”と賞賛された直木賞作家・角田光代の原作「坂の途中の家」のキービジュアルが解禁された。

乳児虐待死事件の補充裁判員に選ばれた主婦である主人公・山咲里沙子は、自らも幼い子どもを持つ母親として、次第に被告と自分自身を重ね合わせていく…。やがて裁判を通し、“家庭”という閉ざされた世界に隠された衝撃の事実が浮かび上がり…というストーリーだ。

解禁されたキービジュアルは、物語に登場する母親たちの混沌とした心情を表現した“歪んだ空間”の中で、赤ん坊を抱きかかえ、どこか不安げな表情を見せながらも凛とした母親の強さを感じさせる柴咲の真っ直ぐな眼差しが印象的なビジュアルで、作品への期待が高まる仕上がりだ。

人々が抱える孤独・情念・悲しみ・喜び…あらゆる感情が実力派キャストの競演により繊細に表現される。角田光代原作の衝撃作「坂の途中の家」は4月27日(土)より放送予定。“家族愛とは”“母性とは”“生きるとは”、普遍的だが心に突き刺さるテーマを、この春、投げかける、人生を彩るヒューマンサスペンスに期待だ。

【STORY】
山咲里沙子(柴咲)は、三歳の娘・文香と夫と三人で平穏な日々を送っていた。そんな時、裁判所から刑事事件の裁判員候補者に選ばれたという通知が届く。対象となる事件は、里沙子と同じ年頃の専業主婦の母親・安藤水穂が、生後八ヶ月の娘を浴槽に落として虐待死させたという衝撃的な事件だった。裁判所での面談を経て、里沙子は、裁判員の誰かが急病などで欠席せざるを得ないとき、代わりに裁判員を務める「補充裁判員」に選ばれた。同じ子供を持つ母として、我が子を殺めた水穂に嫌悪感を抱く里沙子だが、裁判の開廷後、徐々に安藤水穂という被告自身の境遇に自らの過去の記憶を重ねていくことになる。家庭という密室で、夫婦、そして親子の間で交わされた言葉は、時に刃物のように突き刺さることがある。里沙子はやがて自身の心に眠っていた混沌とした感情に惑わされていく─。

番組情報

『連続ドラマW 坂の途中の家』
4月27日(土)より、WOWOWプライムにて放送開始
毎週土曜よる10時~(全6話)【第1話無料放送】

原作:角田光代「坂の途中の家」(朝日文庫刊)
脚本:篠﨑絵里子(『人魚の眠る家』)
監督:森ガキ侑大(『おじいちゃん、死んじゃったって。』)
音楽:山口由馬
出演:柴咲コウ 田辺誠一 伊藤歩 眞島秀和 桜井ユキ 松澤匠 松本笑花 西田尚美 / 倍賞美津子 高畑淳子 / 佐藤めぐみ 滝沢沙織 利重剛 酒井美紀 光石研 風吹ジュン 水野美紀
特設サイト
https://www.wowow.co.jp/dramaw/sakaie/
©2019 WOWOW INC.

『坂の途中の家』原作