長編パペットアニメ『ちえりとチェリー』舞台あいさつレポート

長編パペットアニメ『ちえりとチェリー』舞台あいさつレポート

日本初の長編オリジナルパペットアニメ『ちえりとチェリー』が、 2月15日より全国のイオンシネマにて全国ロードショーとなり、公開を記念した初日舞台あいさつに、主人公ちえりの声優を務めた高森奈津美と中村誠監督が登壇した。

大好きな父親を亡くし喪失感を抱えた少女ちえりが、いのちの輝きと向き合い、新たな未来に向けて一歩を踏み出そうとする姿を描いた本作は、命と想像力の大切さをテーマに、困難を乗り越えようとする少女がちょっぴり大人になる心の成長の軌跡を、ファンタジックな美しい映像で描き出しました。大勢の観客で埋まった会場内を見渡した高森は「こうして全国上映となって。皆さまにお会いすることができてうれしいです」とあいさつ。中村監督も「皆さまの声で全国公開に引き上げていただきありがとうございます」と笑顔を見せた。



2016年よりスローシネマという上映活動をスタートした本作は、チケットの完売が続出。観た人から”もっと多くの人にこの作品を知ってもらいたい”という熱い要望があり、全国での公開が決定した、という経緯がある。そのことについて中村監督は「少しずついろんなところをまわって、いろんな声をいただきました。その言葉を聞くと、手応えというよりは、皆さんに届いているんだなという感覚がありました」としみじみ。

高森も「わたしたちがアフレコをやったのは4年くらい前だったと思います。それからスローシネマで上映しているという状況は知っていたので、全国上映と言われても実感がわかなかったんですけど、イオンシネマで映画を観た声優の方とかから『「ちえりとチェリー」という映画がやるんだね』とか、『今度はこういう作品に出るんだね』と言われることがここ1カ月くらいで増えてきて。それでやっと本当に全国で上映するんだなということを実感しました。今日から上映が始まるということで、皆さんがこれからどういうことを感じてくださるのかな、と思うと感慨深いし、ワクワクしております」と晴れやかな顔を見せた。

高森のキャスティングについて中村監督は「最初の方では、ちえりちゃんはいわゆるいい子ではない。でもそれには理由があって、映画の中で少しずつ変わっていくという役柄なんですが、そういった生来持ってる哀しみというものを高森さんの声に感じていました。高森さんなら段階を追って成長していく過程を演じてくれる、という信頼感があってお願いしました」と説明。高森へのオーダーは「普通にやって」ということだけだったと言いますが、当の高森は「一番難しいオーダーがきたなと思いました。大人が子供を演じるわけなんですが、アニメのように絵の華やかさに助けられるタイプの役じゃない。等身大の、私たちの身の回りにいるような女の子なので、普通が一番難しいなと思いました」と感じたそう。これには中村監督も「ごめんなさい。今日、9年ぶりに謝ります」と返答し、会場を沸かせた。

この日はチェリー役の星野 源のビデオコメントも上映。パペットアニメーションの声優初挑戦だったという星野は、楽しみながらアフレコを楽しんだということをビデオメッセージの中で明かした。そしてイベント終了時には同時上映の『チェブラーシカ 動物園へ行く』の主人公チェブラーシカが来場し、高森に花束をプレゼント。会場をほっこりした雰囲気に包み込んだ。

【STORY】
誰もがみんな、いのちの火を持っているー
ちえりは小学6年生の女の子。幼い頃に父を亡くし、母親と二人暮らし。そんなちえりの唯一の友人は、蔵で見つけたボロボロのぬいぐるみ“チェリー”で、ふたりはいつも一緒にいた。ある日、久しぶりに祖母の家を訪れる。そこでちえりを待ち受けていた事とは・・・。空想と現実の狭間で、不思議な冒険が始まる!

作品情報

ちえりとチェリー 

キャスト(声の出演):高森奈津美、星野 源、尾野真千子、栗田貫一、田中敦子、伊達みきお(サンドウィッチマン) 、富澤たけし(サンドウィッチマン)ほか 
原作・監督:中村 誠  
脚本:島田 満、中村 誠 
キャラクターデザイン:レオニード・シュワルツマン、伊部由起子 
音楽:大谷 幸 
主題歌:Salyu「青空」(TOY’S FACTORY)
製作:「ちえりとチェリー」製作委員会(フロンティアワークス、東映アニメーション、ギャガ) 
配給:フロンティアワークス 
配給協力:イオンエンターテイメント 
上映時間:54分 

©「ちえりとチェリー」製作委員会 

『ちえりとチェリー』作品サイト
www.chieriandcherry.com
チェブラーシカ オフィシャルサイト
www.cheb-project.com/gotozoo