映画『翔んで埼玉』、埼玉の上映劇場で“そこらへんの草”の種……ならぬ“高級野菜の種”プレゼント決定

映画『翔んで埼玉』、埼玉の上映劇場で“そこらへんの草”の種……ならぬ“高級野菜の種”プレゼント決定

2015年、約30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる、魔夜峰央(まやみねお)原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』。累計発行部数は、瞬く間に69万部を突破。そして、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え、ついに実写映画として公開となる。

公開まで1週間を切り、多くの雑誌、テレビ、WEBで本作が取り上げられるだけでなく、いまだかつてないほど「埼玉」という言葉が全国に翔びかうなか(!?)、埼玉県民に朗報が!

2月22日(金)の公開初日に、埼玉新聞社全面協力のもと『翔んで埼玉公開記念特集』が展開され、さらに、埼玉県の上映劇場限定での入場者プレゼントの実施が決定した。

「“埼玉”を冠した映画が公開されるのに、何もしないわけにはいかない!!」そんな埼玉新聞社の全面協力の元、2月22日(金)の公開初日に、埼玉新聞本紙で、公開に合わせて作成された「特別号」がラッピング紙面で登場。

『翔んで埼玉公開記念特集』と題した「特別号」には、原作の魔夜峰央と本作の監督・武内英樹の対談や、本作にも出演し、埼玉県育ち・出身という、ブラザートム、島崎遥香のスペシャル対談が読めるほか、上田県知事や本作ゆかりの地・所沢市長からのお祝いコメントなども寄せられた、まさに特別な紙面に!

さらに、埼玉新聞社と映画サイドの「埼玉の動員数を全国1位に!!」という熱い想いが結実し、埼玉県の上映劇場でのみ、先着プレゼントの配布が決定。前述の読み応え十分な特集記事と、なんと、この想いに呼応した県内企業のトキタ種苗(さいたま市見沼区)提供の“そこらへんの草”の種……ならぬ、埼玉県民が愛する“高級野菜の種”をセットにして先着1万名様に配布する(劇場により数に限りあり。また、なくなり次第終了)。

実は、この“高級野菜の種”は誰もが一度は、食材にこだわるイタリアンレストランで食べたことのある野菜。奇しくも、原産である地中海沿岸では、“ルーコラ・セルバーティカ”と呼ばれ、日本向けに品種改良し、今も盛んに栽培している地域に敬意を評して“ローマ”と名づけられた高級野菜! 純粋な野生種は、今でも道端に生えているという代物だ。

公開まであと4日、これから連日どんな情報が翔び出すのか。まだまだ小ネタが潜んでいそうな映画『翔んで埼玉』に注目だ。

作品情報

『翔んで埼玉』
2月22日(金)公開


キャスト:二階堂ふみ GACKT
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田 凌(友情出演)
間宮祥太朗 加藤 諒 益若つばさ / 中尾 彬 / 武田久美子 麿 赤兒 竹中直人 京本政樹 他
原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
脚本:徳永友一
音楽:Face 2 fAKE
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)
©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

原作コミック


映画『翔んで埼玉』作品サイト
http://www.tondesaitama.com/

映画『翔んで埼玉』公式Twitter
https://twitter.com/m_tondesaitama

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC