資生堂“アネッサ”CMソング、RIRI×KEIJU×小袋成彬がスペシャルコラボ! ティザー映像も公開

資生堂“アネッサ”CMソング、RIRI×KEIJU×小袋成彬がスペシャルコラボ!  ティザー映像も公開

毎年、新進気鋭のアーティストとのコラボに注目が集まる、資生堂“アネッサ”の今年のタイアップ楽曲が発表された。

楽曲タイトルは、「Summertime」。アーティストは、RIRI、KEIJU、小袋成彬。このCMのためだけに組まれたスペシャルなユニットで、過去にタイアップした2017年のぼくのりりっくぼうよみ、2018年のNulbarichに続き、2019年ヒットが期待される3アーティストがアネッサのもと、集結した。

3アーティストのコラボのきっかけは、資生堂“アネッサ”のクリエイティブディレクターよりイメージソングのオファーを受けた小袋が、トラックメーカーとシンガーとラッパーの集合体という着想を得たことに端を発する。小袋はプロデュースに徹し、ティーンエイジャーにして抜群の歌唱力を持つシンガー、RIRIと、当代きってのスタイリッシュなラッパー、KEIJUを召喚。ふたりが織りなす声と小袋のセンシュアルなトラックの融合によって、この夏もっともエレガントでポップなサマーチューンが完成した。

今回のコラボに関して小袋は、「最初オファーをいただいたときに、自分が歌うイメージがどうしても(CMに)合わず、もっと最適解があるんじゃないかとすごい悩んでいて、そういう意味で華のあるふたりが歌ったほうが、より作品が素晴らしいものになるという思いもあり、RIRIちゃんとKEIJU君を呼びました」と語っている。

KEIJUは制作に関して「リリックを、小袋君に手伝ってもらいながら書いたというのがすごく大きくて。自分ではストレートな言葉しか出てこないことが多いので、それを小袋君が、オブラートに包むじゃないですけど、『違う言い方探してみよう』という形でやってみて、当てはまった言葉もたくさんあった。(今回は)ちょっと新しい自分になったかなと思います」と語る。

また、RIRIは、楽曲を初めて聴いたときの感想を「タイトルのとおり、夏らしく爽やかで、そして、キラキラした雰囲気を持つ曲です。今まで私が歌ってきた曲とも違う、新しい感じで、新鮮な気持ちで歌わせていただきました。とても素敵な楽曲で皆さんとご一緒させていただき、すごくうれしかったです」と語った。

今回の楽曲で、この3アーティストのいままでにない、新しい一面が見られそうだ。

本日、この楽曲の発表にともないRIRI、KEIJUのアーティスト写真、およびティザー映像も公開。楽曲の一部もこちらで聴くことができる。

CMに関しても、本日より“アネッサ”オフィシャルサイトにて公開。TVでのオンエアは、3月4日(月)よりスタート予定。2019年アネッサCM『サンシャインタワー篇』『ユニバーサル篇』の両方で今回の楽曲が使用される。

また、この楽曲は、4月17日(水)に配信リリースされる。

リリース情報

2019.04.17 ON SALE
RIRI, KEIJU, 小袋成彬
DIGITAL SINGLE「Summertime」


“アネッサ(ANESSA)”ブランドサイト
http://anessa.shiseido.co.jp/

RIRI オフィシャルサイト
http://www.riririririri.com/

KEIJU オフィシャルサイト
http://keijutokyo.com/

小袋成彬 オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/nariakiobukuro/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC