斎藤 工の頭が爆発! 映画『麻雀放浪記2020』ポスタービジュアル解禁! 予告編は劇場限定で本日より公開

斎藤 工の頭が爆発! 映画『麻雀放浪記2020』ポスタービジュアル解禁! 予告編は劇場限定で本日より公開

4月5日(金)より全国公開される映画『麻雀放浪記2020』のポスタービジュアルが解禁された。

本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を和田 誠監督の映画化以来、『凶悪』『孤老の血』などの白石和彌監督が35年ぶりに再び映画化したもの。主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤 工。10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現した。

今回解禁となったのは、斎藤演じる“坊や哲”の頭が爆発している衝撃的なポスタービジュアル。真っ赤に染まったポスターには、【ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン!】という痛烈なメッセージも刻まれており、1945年の【戦後】から2020年の【戦後】へ突入したギャンブラー“坊や哲”からの決死のメッセージであることが表現されている。彼が、【禁断の未来】で一体なにを目撃したのか? そこで、どんな血戦が彼を待ち受けているのか? それに対する、彼の覚悟とその魂の叫びを一枚に収めたポスターに仕上がっている。

また、あるサプライズが仕掛けられた予告編が、本日2月22日(金)より各劇場で掲出スタート。斎藤の“シークレット爆笑メッセージ”が組み込まれた、禁断の未来を暴く衝撃の予告編は、劇場のみで解禁となる。

【STORY】
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!? 1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

作品情報

『麻雀放浪記2020』
4月5日(金)全国ロードショー

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
監督:白石和彌
キャスト:斎藤 工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

『麻雀放浪記』原作コミック