竜星 涼、井ノ原快彦主演の特別ドラマ『僕が笑うと』に出演決定! 関西弁にも挑戦

竜星 涼、井ノ原快彦主演の特別ドラマ『僕が笑うと』に出演決定! 関西弁にも挑戦

竜星 涼が、3月26日(火)にカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送される、カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』に出演することが明らかとなった。

本作は、戦時中の大阪を舞台に、5人の孤児を養子として引き取って育てた夫婦を描いたオリジナル作品。井ノ原快彦が、大学の助教授で植物研究者である主人公・鈴木重三郎、重三郎の妻・鈴木誠子を上戸 彩が演じるほか、真飛 聖、飯豊まりえ、高田 翔、坂井真紀、白洲 迅、麻生祐未、吉行和子の出演も決定している。

竜星が演じるのは、植物研究者である重三郎の助手・吉田史郎。顕微鏡で観察する植物細胞に優しく語りかけるほど研究熱心な重三郎が、養子を迎えたことにより話し方や性格が変わっていく姿を温かく見守る役どころだ。しかし、時代は太平洋戦争の真っただ中。戦局の悪化に伴い、ついに理系研究者の吉田にも召集令状が…。

端正なルックスと演技力で、“メゾン”に出入りするコミカルな「買い物コーディネーター」、元チンピラの落語家、ミステリアスな葬儀屋といった硬軟問わない役で存在感を発揮する竜星。今作では、重三郎の父親としての成長を職場側から温かく見守る立場、そして戦争に運命を振り回される一市民として、吉田という人間を表現している。出征前に鈴木家でわずかな酒を酌み交わす重三郎と吉田が、「家族」について本音で語り合う感動のシーンは必見だ。

【竜星 涼コメント】
井ノ原さん、上戸さんが作る子供たちとの家族の雰囲気がとても素敵で、本当の家族のように居心地が良く、戦時中という設定を忘れさせるような温かくてほっこりする現場でした。重三郎が父親として成長し変わって行く姿を視聴者と一緒に吉田という人物で代弁していけたらと思いました。今作では苦戦しながらも初の関西弁にも挑戦しました。戦時中に、力を合わせて明るく生きた鈴木家に、自分の家族の温かみや、つながりを再確認してもらえたらうれしいです。

【STORY】
平成が終わりを迎えようとするある春の日、病床にふせる老婦人(吉行和子)は、恵美(飯豊まりえ)、真一(高田 翔)ら4人の孫を呼び、自分の両親と兄弟について話し始める。70年以上前に老婦人が育った、「他の家族とは違う」という家族とは――。
昭和12年、大阪。鈴木重三郎(井ノ原快彦)は、大阪理科大学の助教授で、植物研究者。結婚して10年となる明るく優しい妻・誠子(上戸 彩)とは子宝に恵まれなかったが、重三郎はそれを受け入れ、夫婦仲良く暮らしていた。しかし、誠子の「母親になりたい」という思いは消えることはなく、重三郎の姉・大沢徳子(真飛 聖)の息子で、満州に赴任する大沢和也(白洲 迅)の送別会をきっかけに、あらためて子供への思いを強くする。
数日後、間宮君子(麻生祐未)が営む孤児院の庭で遊ぶ子供の姿を見た誠子は、重三郎に孤児を引き取りたいと相談する。はじめは子供を育てる自信が無いと難色を示した重三郎だが、誠子の熱意に押されて浩太(幼少期:柳下晃河)を養子として迎え入れることに。優しく浩太と接する誠子とは対照的に、ぎこちないやり取りが続く重三郎だったが、次第に不器用ながらも叱ることや褒めることを学び、父親として成長していく。
研究一筋だった人生から、子供を愛することの生きがいを覚えた重三郎の世界は一変。重三郎が笑う分だけ、浩太も笑う。物静かな男に笑顔が増えていった。そんなある日、「浩太に兄弟が出来たら喜ぶかもしれんな…」とつぶやく重三郎に、誠子が「…すぐやと、あかん?」と返す。
昭和18年。鈴木家は、浩太(渡邉 蒼)、節子(伊藤栞穂)、健作(石澤柊斗)、虎之助(原田敬太)、トメ子(竹野谷咲)の5人の子供たちを育てる大家族に。太平洋戦争が始まり、生活は日に日に厳しくなっていくが、重三郎と誠子は常に笑顔を絶やさず、子供たちの表情も笑顔に満ちあふれていた。しかし、戦争は着実に鈴木家の未来にも影を落としていく……。

番組情報

カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』
3月26日(火) 午後9時30分~午後11時18分
カンテレ・フジテレビ系全国ネット

出演:井ノ原快彦 上戸 彩 ・竜星 涼  真飛 聖 飯豊まりえ 高田 翔 ・ 坂井真紀 白洲 迅 麻生祐未 / 吉行和子 他
脚本:尾崎将也
音楽:白石めぐみ
演出:三宅喜重(カンテレ)
プロデューサー:河西秀幸(カンテレ)
制作著作:カンテレ