オリラジ藤森慎吾がチャラ男封印? ドラマ『インハンド』主演・山下智久との演技に「テレちゃう」

オリラジ藤森慎吾がチャラ男封印? ドラマ『インハンド』主演・山下智久との演技に「テレちゃう」

山下智久が主演を務める、4月スタートのTBS金曜ドラマ『インハンド』にお笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾の出演が決定した。

原作は『イブニング』(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名漫画。山下演じるロボットハンドの義手を持つ変わり者の天才科学者・紐倉 哲と熱血助手・高家春馬(濱田 岳)の凸凹バディが、クールでやり手な美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑んでいくヒューマンサイエンスミステリーだ。

藤森が演じるのは、牧野と共にサイエンス・メディカル対策室で働くエリート官僚・御子柴隼人。上司や強者になびく分かりやすい風見鶏キャラだが、年下の牧野からいいように使われ、なんだかんだで事件調査に協力させられていく。“チャラ男”芸人としてバラエティ番組で大活躍の藤森だが、最近では映画『七つの会議』での強烈なサラリーマン役で存在感を発揮。迫力の演技が話題になるなど、役者としても注目を集めている。“チャラ男”を封印した”役者としての藤森が、連ドラ初出演となる本作でどのような演技を見せてくれるのか期待が高まる。


さらに、名バイプレーヤーの光石 研の出演も決定。光石は牧野や御子柴の上司で室長の網野肇を演じる。警察庁からの出向で来ている網野は、大きな問題を起こさず平穏無事に過ごしていればそのうち本庁に戻れると考える現状維持派。そのため、成果を上げて一秒でも早く外務省に帰りたい前のめりな牧野とは毎回言い争いが絶えない。

【藤森慎吾コメント】
初の連続ドラマレギュラー出演、意気込みをお願いします。
非常に光栄でうれしい半面、自分でも不思議です。映画「七つの会議」に出演させていただいたすぐ後に連続ドラマに出演できるなんて、今年はこの後に大きな落とし穴があるんじゃないかってちょっと疑っています(笑)。だから今まで以上に私生活も気を引き締めて、清廉潔白な由緒正しき生活を送っていかないといけないなと思っています。作品の邪魔をしないよう、皆さんに迷惑をかけないように、真面目に一生懸命頑張ります!

演じる御子柴はどんな人物ですか?
御子柴は、菜々緒さん演じる牧野と共に内閣官房サイエンス・メディカル対策室で働くエリート官僚。衣装もパキっとお堅い感じで、こういう格好をすることはあまりないので新鮮でうれしいです。ただ監督からは、エリートではあるけどそんなにキリっとしてないイメージだと言われているので、チャラ男な雰囲気を3%くらい残しつつ(笑)、キリっとし過ぎていない部分を僕なりに表現していけたらと
思っています。

役者として、どのような一面を見せていきたいですか?
監督が、バラエティで見せている“チャラ男”じゃないところにすごく魅力を感じると言ってくださっているので、視聴者の皆さんが「藤森ってこういう表情もあるんだ」って思うような、僕の新たな一面を見せられるように役と向き合っていきたいと思います。皆さんからは「調子に乗るな!」と言われそうですが…同い年で仲良くさせてもらっている小栗 旬さんに、実はたまに演技の相談をさせていただいたりすることもあって。僕ごときがすみません!(笑)。でもこんな僕にもすごく真剣にアドバイスをくださるんです。そんな小栗さんからもエールをもらったので、全力で臨みます!

山下さんの印象は?
まだ顔合わせの時にちらっとお会いしただけなのですが、めちゃくちゃスターでした。山下さんが入ってきただけでも、その場の雰囲気がパッと変わるオーラがあるんです。これまでの出演作もたくさん観ていますが、特にドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の大ファンで。そんな山下さんとご一緒できるなんて本当に光栄ですし、色々勉強させていただきたいと思っています。ただ山下さんと対峙するシーンがあったら、お芝居以前にテレちゃいそうで・・・まずはそこが心配です(笑)。撮影初日も菜々緒さんを前にしてガッチガチに緊張しちゃってヤバかったですから! とにかく少しずつ現場に慣れていきながら、皆さんとも仲良くなれたらと思っています。

【プロデューサー・浅野敦也コメント】
真面目で堅苦しい印象の内閣官房ですが、『インハンド』では「親しみの持てるユニークな官僚たち」が登場します。菜々緒さん演じるクールな美人官僚の同僚でエリート官僚の御子柴役には、チャラ男芸人の藤森慎吾さん。“チャラ男”と“官僚”という正反対の役柄がどんな化学反応を起こすのか、今から楽しみです! 彼らの上司の室長・網野役には、市井の人を演じたら天下一品の光石研さん。各省庁の偉い官僚たちの間で板挟みになりながらも、しぶとく切り抜けていく光石さんの奮闘は必見です。親しみが持てて個性的な官僚たちがドラマ『インハンド』を盛り上げます。ぜひご期待ください!

番組情報

金曜ドラマ『インハンド』
4月スタート 金曜よる10時~10時54分

製作:TBSスパークル TBS
原作:朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)
脚本:吉田康弘  ほか
プロデューサー:浅野敦也(TBSスパークル)佐藤敦司(TBSスパークル)
演出:平野俊一  ほか

【第一話あらすじ】
寄生虫学者・紐倉 哲(山下)は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。

そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野 巴(菜々緒)という美人官僚が訪れる。サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことに。紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(濱田 岳)に会いに行く。高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて……。

『インハンド』原作