猫キャストとのエピソード満載! 立川志の輔初主演 映画『ねことじいちゃん』、”猫だらけ”の公開初日舞台挨拶

猫キャストとのエピソード満載! 立川志の輔初主演 映画『ねことじいちゃん』、”猫だらけ”の公開初日舞台挨拶

落語家・立川志の輔初主演映画『ねことじいちゃん』の初日舞台挨拶が、本日2月22日(金)=“猫の日”に新宿バルト9で開催され、立川志の輔、柴咲コウ、小林 薫、柄本 佑、銀粉蝶、山中 崇、葉山奨之、岩合光昭監督、そして猫キャストたちが登壇した。

岩合監督は初監督作品の公開を迎え「ここにいらっしゃるキャストのみなさん、スタッフ、お客さま、映画に出てくれた猫たちに感謝したいと思います。感無量です」と公開の喜びに浸った。「私がじいちゃんです!」と挨拶した志の輔は、撮影時を振り返り 「監督は本当に猫のことばかりで、特に私と一緒の時は(シーンが終わって)『OK!』と言ったらすぐに(志の輔が共演した猫の)タマのところに寄ってきて『お前はなんて素晴らしいんだ! 本当によかったよ』と1カットごとに抱きしめるんです。私のことは一度も抱きしめてくれなかったです……」とボヤく一幕も。

この日は、猫の日にちなんで「猫と○○」というテーマで登壇陣が自分と猫にまつわるエピソードを披露したが、志の輔は「猫とぬいぐるみと衣装でYシャツを着てた私」というタイトルで、本番撮影前のテストではぬいぐるみを使用していたことを告白。「室内でテストする分には恥ずかしくないんですけど、学校の前をタマと散歩するシーンでは、スタッフもカメラも遠くにいるなかで、私はぬいぐるみを引きずってました……(笑)」と恥ずかしそうに振り返る。一方で本番については「タマは一発で私の後をついてくるスーパーキャットでした!」と感嘆していた。

ヒロインの美智子役を演じた柴咲は、自身の猫とのエピソードを明かし「賢くて、目を合わせると飛び乗ってくるんです。ただ、ちょっとでも目が合うと、お皿やお鍋を持っていても飛び乗ろうとしてくるので、なるべき目を合わせないようにしていて(笑)。苦労でもあり幸せでもあります」と満面の笑みで語った。「猫と柴咲さん」というタイトルで、そんな柴咲さんの撮影現場での猫好きぶりを暴露してくれたのは山中。撮影現場での猫用の待機室に約40匹の猫がいたことを明かし「かなりの“おニオイ”がしたんですが、休憩の時に柴咲さんがお掃除をされてて、本当に猫が好きなんだなと、初めてその時に柴咲さんを信用しました(笑)」と明かした。

小林は、柴咲と大河ドラマ『おんな城主 直虎』に続いての共演となったが、柴咲だけでなく、ある猫とも再共演を果たしたそう。「柴咲さんを見守る猫好きの和尚(南渓)を演じてましたが、その時の猫の“にゃんけい“と再会しまして。感動的な再会でした」と笑顔を見せた。「猫を飼っていることを切らしたことがない」というほどの猫好きの銀粉蝶は、本作の撮影で猫に囲まれながら「最初の頃に飼っていた猫を思い出しました」としみじみ。道で轢かれていた猫を保護したそうで「若い頃で、お金もないのに何でそんなことをしたのかわかんないけど……。回復してぷーちゃんと名付けたんですが、『猫ってかわいいな』と思わせてくれた大事な出会いでした」としみじみと語っていた。

柄本は「猫と監督」というタイトルで、志の輔と同様に「岩合監督は、猫ばっかり見てるんですよ」と告発! 「監督にとっては、猫がOKだったらOKだし『もう1回お願いします! 猫が動いちゃったんで……』とか言われたり(笑)。常に変わらぬ岩合さんの演出がそこにあって、微笑ましく楽しかったです」と撮影を振り返った。唯一、映画の中でほとんど猫と触れないのが葉山。猫に嫌われているという設定だったが「実は、案外触れてしまって……。本当は好かれていました」と楽しそうに明かし、逆に猫に触ることができない役が難しかったと述懐していた。

岩合は、本作の“ご褒美”として、劇中で田中裕子に抱っこされていた猫を自宅に引き取り、役名通りタマ(玉三郎)と名付けて一緒に暮らしていることを告白。さらに「兄弟も引き取ったんですが、そのコは友情出演の中村鴈治郎さんの本名からトモ(智太郎)です」とニッコリ。「鴈治郎さんには『友情出演じゃなくて強制出演だ』と言われました」と明かし、笑いを誘っていた。

最後の写真撮影では、登壇陣がそれぞれ、劇中で共演した猫たちを抱っこしてカメラに収まった。猫に嫌われている役の葉山だけは、こちらも撮影で使用されたぬいぐるみを抱いての撮影となり、会場は終始笑いに包まれ、和やかな雰囲気で終了した。

【猫キャスト 情報】
ベーコン(タマ):立川志の輔  
ゆず(小学校前の防波堤にいる猫役):柴咲コウ
マロニー(巌さんから庭で刺身をもらう、春の緑の海岸沿いを歩く猫役):小林 薫
おはぎ(セラピー猫・シナモンの大きくなった役):柄本 佑  
小梅(ミーちゃん役):銀粉蝶
ヒゲ(冒頭シーンの門柱の上にいる猫役):山中 崇
りんご(喧嘩シーン、月バックの黒猫役):岩合監督

【STORY】
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

作品情報

『ねことじいちゃん』
絶賛公開中

原作:「ねことじいちゃん」 ねこまき(ミューズワーク)著/KADOKAWA刊
監督:岩合光昭 
出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林 薫、田中裕子、柄本 佑、銀粉蝶、山中 崇、葉山奨之 ほか
脚本:坪田文
製作:「ねことじいちゃん」製作委員会 
©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

オフィシャルサイト
http://nekojii-movie.com/

「ねことじいちゃん」原作