逞(野村周平)の両親を好演する石田ひかり&児嶋一哉よりコメント到着 !“家族愛”あふれるドラマ『僕キミ』第6話本日放送

逞(野村周平)の両親を好演する石田ひかり&児嶋一哉よりコメント到着 !“家族愛”あふれるドラマ『僕キミ』第6話本日放送

TVドラマ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』(毎週土曜よる11:15~/テレビ朝日)に出演中の石田ひかりと児嶋一哉よりコメントが到着した。

20歳まで生きられない心臓の病を抱える高校生・垣野内 逞(野村周平)と、すべてを知った上で彼を一途に愛する幼なじみの種田 繭(桜井日奈子)が、迫りくるタイムリミットに悩み苦しみながらも必死で運命に抗う姿を描く、青木琴美の大人気コミックを初めて実写ドラマ化した本作で、逞の母親・えみを演じている石田と、父親の寛貴を演じている児嶋。本日2月23日(土)に放送される第6話では、入院を決意した逞が繭(桜井)とデートへ向かうが、その裏で逞を心配する母と父の複雑な心情も描かれる。

逞が無理してしまうのは繭せいだと快く思っていない母親のえみ。石田は「私には息子がいないので想像するしかないのですが、子を持つ親としての気持ちは痛いほど分かるので、そこをよりどころにして逞の母親を演じています」と語る。物語が徐々に終盤へと向かうにつれ、“家族愛”も大きなテーマとして描かれていく本作で息子の命のタイムリミットが迫りくるなか、感情をあらわにする母を体当たりで演じる石田は必見だ。

一方、児嶋が演じる父親の寛貴は逞の気持ちを最優先に考え、やりたいことをできる限りやらせてあげたいと思っている。逞と繭の関係も深くは干渉せず静かに見守りつつ、第6話では「逞に、恋を経験させてくれて、ありがとう」と繭に感謝の言葉をかける場面も。児嶋は、“病気の子を持つ父“である寛貴について、「非常にシリアスな役なので、とても大事に演じさせていただきました」と語る。

葛藤に満ちた複雑な親心を、それぞれ丁寧に演じている2人。対照的な両親の“家族愛”は逞と繭の恋の行方に、これからどのように関わっていくのか注目だ。

【石田ひかり(垣野内えみ・役)コメント】
私には息子がいないので想像するしかないのですが、子を持つ親としての気持ちは痛いほど分かるので、そこをよりどころにして逞の母親を演じています。周平くん、やんちゃで可愛くてたまりません。こんな息子がいたら、楽しいでしょうね! とにかく可愛くてたまらないです。みなさま、毎週土曜の夜はキュンキュンされてますでしょうか。若い俳優さんたちが本当に頑張っています。最後までどうぞお見逃しなく!

【児嶋一哉(垣野内寛貴・役)コメント】
逞の父親・寛貴は、非常にシリアスな役なので、とても大事に演じさせていただきました。評判が気になってエゴサーチをしたら、『逞の父親が児嶋で笑える』という意見が多かったんですが…皆さん、僕のシーンは笑わず真面目に見るように!  

【第6話あらすじ】
ある夜、小さな棚を運んだ逞(野村)は、その程度の行動で息苦しくなってしまった自分にがく然とする。穣(生瀬勝久)から「前は普通にできたことをやろうとすると、息が苦しいということがあるかもしれない。そのときは極力安静に」と注意を受けたことを思い出す。逞が、体調に異変を感じている中、繭(桜井)からは「助けて」と連絡が…!
優実(松井愛莉)と一緒にいた繭は、男に後をつけられて困っていたのだ。息苦しさを堪えて出かけようとする逞の姿を見た母・えみ(石田)は、強引に同行することに。一方の繭と優実の元には、昂(宮沢氷魚)が駆けつけ、助けてくれる。
繭の無事を知った逞だったが、えみは繭の元へ向かい「逞になにかあったらどう責任取るの!?」と、怒りをぶちまける。
数日後、病院を訪れた逞は、穣に棚を運んだだけで息苦しくなったことを相談する。それを聞いた穣は、予想外に病状が進行しているかもしれないので、休学して本格的に入院した方がいいと告げる。
現状を受け止め、冷静に入院を決意する逞。そんな逞と彼を支えようとする繭を見守る父・寛貴(児嶋)は、二人を入院前最後のデートに送り出す。
お守りを買うため、江ノ島へ向かった逞と繭は、つかの間の楽しい時間を過ごす。今が永遠に続けばいいのにと願いながら…。

番組情報

『僕の初恋をキミに捧ぐ』
毎週土曜よる11:15~

原作:青木琴美『僕の初恋をキミに捧ぐ』(小学館・刊)
脚本:尾崎将也
演出:宝来忠昭、藤原知之
音楽:富貴晴美
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、森一季(MMJ)
制作:テレビ朝日/MMJ

キャスト:野村周平 桜井日奈子 宮沢氷魚 佐藤寛太 馬場ふみか 松井愛莉 矢作穂香 岐洲 匠 富田健太郎 福本莉子 是永 瞳
真飛 聖 児嶋一哉 石田ひかり 生瀬勝久 ほか

オフィシャルサイト
https://www.tv-asahi.co.jp/bokukimi/

オフィシャルTwitter:@bokukimi2019

『僕の初恋をキミに捧ぐ』原作コミック