イチロー衰え知らずの肉体に騒然! MLB公式が入団当時の写真を公開

イチロー衰え知らずの肉体に騒然!  MLB公式が入団当時の写真を公開

昨年、シーズン途中に選手登録を外れ、会長付特別補佐としてフロント入りしていたイチロー。このまま選手としての一線を退くのではないかとも思われたが、今年度新たにマリナーズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加している。

渡米19年目での、新たな挑戦がはじまった。かねてより「50歳まで現役」を公言しているイチローが、はじめてマイナー契約で迎えた春。若手に混じり、練習メニューをこなす姿には約1年間実戦から離れていることを感じさせない、いきいきとしたものだった。

驚くべきはその仕上がった肉体。スプリングトレーニング開始時に行なわれた、身体検査ではなんと、チーム最小の体脂肪率を記録したのだという。細身の選手が多いMLBの外野手でさえ、10%程度の体脂肪率というのだから、イチローが45歳にしてどれほどの肉体美を維持しているのかがわかるだろう。

View this post on Instagram

Photo day 2001 ➡️ Photo day 2019. ????

A post shared by MLB ⚾ (@mlb) on

MLB公式SNSでは、イチローがメジャーデビューした2001年当時のプロフィール写真と、今季の写真を比較する形で並べて公開。白髪が増え、少々シワが増えたなどの変化はあるものの、その引き締まった身体や雰囲気は27歳当時と変わらぬままだ。コメント欄には、「全然変わらない!」「彼は年をとらないのか!?」といった驚きの声や「良質なワインのような年のとり方だ」「むしろ若くなっている」など様々なコメントが寄せられた。

今回のイチローの契約は、今季日本で行われる開幕戦に向けての特別なものだという声もある。しかしながら、レギュラーメンバーのスミスが右肘痛で離脱したことを受け、開幕戦でのスタメン出場の可能性まで囁かれるようになったのだ。開幕戦での活躍次第では、それ以降のカードでのメジャー生き残りも夢ではないかもしれない。

View this post on Instagram

????

A post shared by MLB ⚾ (@mlb) on

イチローの存在は、単なる戦力としてだけではなく、若手に大きな影響を与えることは間違いない。今シーズンからマリナーズにやってきた、菊池雄星に対しても積極的にコミュニケーションをとっているようだ。

マリナーズの公式SNSには、野手のイチローがわざわざ菊池のブルペン投球を視察しにやってくる姿が公開されている。

フロント入りからの選手復帰という、前代未聞のキャリアに挑もうとしているイチロー。まずは日本開幕で結果を残し、自らの居場所を勝ち取る必要がある。日本が世界に誇るヒットメーカーの挑戦に、注目が集まる。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO