錦織も脱帽! ワウリンカ、復活を印象づける鮮やかなスーパーショットに絶賛の声

錦織も脱帽!  ワウリンカ、復活を印象づける鮮やかなスーパーショットに絶賛の声

このほど開催された「ABNアムロ世界テニストーナメント」にて、準決勝で錦織 圭を破り、ファイナリストとしてガエル・モンフィスと対戦したスタン・ワウリンカ。惜しくも優勝は逃してしまったものの、2017年の全仏オープン以来となる決勝の舞台に返り咲き、復活を印象づけた。

昨年、手術から復帰した後も練習中に背中を負傷してゲームを棄権するなど、思うような成績が残せなかったワウリンカ。グランドスラム通算3勝の実績を誇り、ランキングでは最高3位という実績のある選手ながら、一時は世界ランキング263位まで後退してしまった。

そんな中行なわれた今回の大会。第4シードのM・ラオニッチ、第10シードのD・シャポバロフに対して共にストレート勝ち。準決勝では第一シード、錦織 圭と対戦した。その中でみせた、キレキレのスーパーショットに絶賛の声が相次いでいる。

第1セットから、ワウリンカはラインギリギリを攻めるスーパーショットを連発。怪我の影響を感じさせない巧みなプレイで、今季絶好調の錦織圭を攻め立てた。テニスTV公式SNSが公開した動画には「素晴らしすぎるバックハンドだ」「ワウリンカが戻ってきた!」など、彼の復活を称賛するコメントが相次いだ。

錦織も鮮やかな股抜きショットなどで対抗するも、逆のコーナーをつくバックハンドで返すなど、この日のワウリンカは好調の錦織ですら止められないほどのキレをみせた。

今回の優勝で世界ランキングを一気に27ランクアップさせ、41位に浮上。深刻な膝を乗り越え、プレイに円熟味が増したワウリンカは今後のツアーでも台風の目になり得るだろう。グランドスラム3勝を誇るベテランの、今後のキャリアにも注目していきたい。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO