『with』4月号、『乃木坂OLプロジェクト』企画第7弾は「もし梅澤美波&新内眞衣がOLだったら…」

『with』4月号、『乃木坂OLプロジェクト』企画第7弾は「もし梅澤美波&新内眞衣がOLだったら…」

 

佐々木 希が表紙を飾る『with』4月号が、2月28日(木)に発売される。

・さらにパワーアップした美しさ! 新鮮ウルフヘアで登場の佐々木 希
10ヵ月ぶりにwithの表紙を飾った佐々木 希。撮影の直前にバッサリ切ったというウルフヘアがとっても新鮮で、さらにパワーアップした美しさを存分に見せつけた。

今回は表紙以外にも、JILLSTUART企画やトレンド小物企画ページに登場。3月5日(火)にはwithでの連載をまとめた書籍『希んちの暮らし』も発売。今の佐々木希自身の生活が詰まった1冊になっている。

トリンドル玲奈、withモデルデビューしました!
4月号でwithモデルデビューしたトリンドル玲奈の紹介ページでは、美肌の秘密、Instagramでよく見ているもの、私服の話など、プライベートなことを語ったインタビューを掲載。なんて呼ばれたい? という質問には「with読者の方は上品なイメージなので、“玲奈ちゃん”って呼ばれたいです」と少し照れながらかわいらしく答えた。

「今はわくわくが8割、新しいステージなので不安が2割。読者の方は同世代なので、一緒に大人かわいい女性を目指して頑張りたいです」とやる気を見せている。

・待望のファースト写真集発売直前! 欅坂46・小林由衣に独占インタビュー
2018年年末のレコ大&紅白では堂々のセンターを務め、日本中のお茶の間に“発見”された欅坂46・with専属モデルの小林由依。3月に待望のファースト写真集を出版するという情報を聞きつけ、with編集部が独占インタビューを敢行。年末の大役を果たした直後の1月初旬、今の気持ちとこれからの目標をいつもどおり慎重に、熱く語った。

欅坂46としてデビューするまでのこと、アイドルとしての葛藤、自分自身と向き合って思うことなど、彼女の人となりがわかるロングインタビューとなっている。

そして、今回のインタビュー企画の目玉として、ファースト写真集『感情の構図』よりwith限定のアザーカットを紹介! 写真集撮影で初めてビキニタイプの水着を着用したという小林。もちろんランジェリー撮影もこの写真集が初めてということだが、女子なら誰もが憧れるくびれたウエストと真っ直ぐで伸びやかな脚をwith本誌で披露している。

・『PRINCE OF LEGEND』スペシャル連載、いよいよ最終回! 12人がそろった見開きは必見!
ドラマ『PRINCE OF LEGEND』の公開にあわせて始まったスペシャル連載もいよいよ今月が最終回! 満を持して公開される映画『PRINCE OF LEGEND』にあわせて、主要メンバーが勢ぞろいした。女性誌でこれだけ多くのメンバーが登場し、撮影したのはwithだけ。スクリーンを彩るキラ星がごとき俳優たちが誌面で交わる姿は必見だ。

また今回、映画のコンセプトにあわせて、誌面上でプリンスたちが、ミニチャレンジ「ペットボトルキャップ飛ばし」に挑戦。キャラクターに合わせた投げ方!? や童心に帰ったようなはしゃぎっぷりと、見どころ満載だ。

インタビューもクロストークあり! 自己(のプリンスな部分)紹介あり! 読み応えたっぷりでお届け。ページ見開きで12人がそろう姿は眼福以外の何物でもない。

・「乃木坂OLプロジェクト」企画第7弾! もし梅澤美波&新内眞衣がOLだったら……!?
今回で第7弾となる乃木坂OLプロジェクトは、先月から2号連続での登場となる梅澤美波、そして初回以来久しぶりに登場した新内眞衣の豪華2本立て。

ふたりの共通点は、とにかくスタイルが抜群にいいこと! モデル顔負けの好バランスで、「柄スカート」「スカーフ」「シャツ」という春おすすめのOL服を素敵に着こなしている。この企画は毎回いろいろなオフィスにお邪魔して撮影しているが、仕事中の社員たちも思わずふたりの美女に見とれている様子だった。

・ジェジュン再び。一年の軌跡を総括する8P+厚紙ピンナップの特大企画が実現!
前回好評だったオリジナリティ溢れるシューティングも今回はさらにパワーアップ! 大人のエロスを感じさせる特大ブーケを手にした「bouquet of music」、オレンジ色のライトに照らされるベッドルームでアンニュイな姿を切り撮った「BEDTIME EYES」の2パートにわけて撮りおろした。

甘くないダークトーンの花束を持ったジェジュンの眼は、どこか猫科のワイルドな肉食動物、いわばヒョウのような印象。一方、ベッドに横たわる姿、布団に身を包んだ姿は、どこかかわいげな草食動物のような……。それぞれのシチュエーションだからこそ見られる表情の違いが見どころだ。

with恒例のインタビューも、50問50答バージョンと、ロングインタビューの2パートに分けて展開。総文字数はたっぷり1万字ほど。来たる全国ツアーに向けての意気込み、活動再開から今に至るまでの思い、子どものときのニックネームや思い出話、ファンとの繋がりを感じさせるインスタグラムについてなど、たっぷりのボリュームで届ける。

また、今回あらたな試みとしてチャレンジしたのが、withの通常誌面とは異なる紙でつくった、厚紙のピンナップ。いつまでも、しっかりと大事にしておきたいというファンの思いに応える永久保存仕様となっている。

書籍情報

講談社『with』4月号
発売日:2月28日(木) ※首都圏基準
価格 : 670円(税込)


with online
https://withonline.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC