スカウターを着けたピエール瀧、某女優とのVRセックスを魅せる音尾琢真!? 映画『麻雀放浪記2020』新ビジュアル解禁

スカウターを着けたピエール瀧、某女優とのVRセックスを魅せる音尾琢真!? 映画『麻雀放浪記2020』新ビジュアル解禁

4月5日(金)に全国公開される映画『麻雀放浪記2020』より、本作に出演するピエール瀧と音尾琢真の“狂喜”のビジュアルが公開された。

本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を和田 誠監督の映画化以来、『凶悪』『孤老の血』などの白石和彌監督が35年ぶりに再び映画化したもの。主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤 工。10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現した。

そんな本作でピエール瀧が演じるのは、2020年の第三次世界大戦で開催中止になってしまった、会長元五輪組織委員会・会長の杜(もり)。一世一代の世界の祭典の中止を受けた彼は、ナインボットに跨がり、左目にスカウターを装着したサイバーチックでド派手な風貌で登場する。

そして、音尾はAbemaTV麻雀番組のプロデューサー役として出演。テレビも全自動麻雀卓もない1945年の日本からやってきた坊や哲(斎藤)に、時代のトレンドを網羅するザ・プロデューサーとして「脱ぎ脱ぎ女子麻雀番組」を仕掛ける。さらに音尾が魅せる某女優との「ヴァーチャルVRセックス」の実態とは……!?

白石組の顔とも言えるふたりにぜひ注目してほしい。

【STORY】
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!? 1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

作品情報

『麻雀放浪記2020』
4月5日(金)全国ロードショー

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
監督:白石和彌
キャスト:斎藤 工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

『麻雀放浪記』原作コミック