映画『バースデー・ワンダーランド』藤原啓治、矢島晶子からのコメントが到着! “泣かせようとしていないのに涙が流れてしまう作品”

映画『バースデー・ワンダーランド』藤原啓治、矢島晶子からのコメントが到着! “泣かせようとしていないのに涙が流れてしまう作品”

4月26日(金)より公開される、世界35以上の映画賞を受賞したアニメーション監督・原 恵一による映画『バースデー・ワンダーランド』のポスタービジュアルが公開された。

さらに、本作に出演する声優・藤原啓治(「クレヨンしんちゃん」シリーズ・初代野原ひろしなど)、矢島晶子(「クレヨンしんちゃん」シリーズ・初代野原しんのすけなど)の『クレヨンしんちゃん』コンビからコメントも到着。

ふたりは、「クレヨンしんちゃん」シリーズなどで27年来の交流がある原監督作品を、“泣かせようとしていないのに涙が流れてしまう作品”だと絶賛しており、矢島は「原監督は“泣かせよう“とする演出はされていないと思います。演技でもそうですが“泣かせよう“と意図すると、かえって伝わらなくなってしまうので。本作でも原監督が魅力に感じる物語やキャラクターを私たちに見せてくれているだけなのに、その結果涙が流れるなんて本当に素敵なことですよね」とコメント。

藤原も「『オトナ帝国の逆襲』の時もでしたが、泣かせようと意図しているわけではないのに、それでも”泣けるアニメーションの名手”と言われているのは、監督の目線の優しさのおかげかなと思います。本作はこれまでの作品と同じで指示が的確で、監督のやりたいことが見えているように感じました」と語っている。

本作は、累計発行部数50万部突破の大ベストセラー、柏葉幸子著『地下室からのふしぎな旅』を原監督がイマジネーションを爆発させて創り上げた“まったく新しい映像世界”。キャラクター/ビジュアルアーティストを、日本をリスペクトしてやまないロシア出身の若手イラストレーター、イリヤ・クブシノブが担当するほか、主人公アカネ役の松岡茉優が演じることが明らかになっている。

【STORY】
一生に一度の誕生日、あなたを奇跡の冒険へ!
誕生日の前日、自分に自信がないアカネの目の前に突然現れたのは、謎めいた大錬金術師の ヒポクラテスとその弟子のピポ――「私たちの世界を救って欲しいのです!」と必死でアカネに請う2人。そしてアカネが無理やり連れて行かれた世界は――骨董屋の地下室の扉の先から繋がっていた<幸せな色に満ちたワンダーランド>! ふしぎな動物や人が住む世界から、色が消えてしまう! その世界を守る救世主にされたアカネが大冒険の果てに下した、人生を変える決断とは? 一生に一度きりの、スペシャルでワンダーな誕生日が始まる—-!

作品情報

『バースデー・ワンダーランド』
4月26日(金)全国ロードショー

監督:原 恵一
キャラクター/ビジュアル:イリヤ・クブシノブ
主人公アカネ役:松岡茉優
原作:柏葉幸子「地下室からのふしぎな旅」(講談社青い鳥文庫)
配給:ワーナー・ブラザース映画

©柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

オフィシャルサイト
http://birthday-wonderland.jp