アルゼンチンのGOD SAVE THE QUEENが、日本のクイーントリビュートバンドと共演!

アルゼンチンのGOD SAVE THE QUEENが、日本のクイーントリビュートバンドと共演!

アルゼンチンのクイーントリビュートバンド、GOD SAVE THE QUEENが、4月20日(土)に幕張メッセ・イベントホールで行う追加公演で、日本の三大クイーントリビュートバンドと共演することが決定した。

GOD SAVE THE QUEENは、1998年にアルゼンチンで結成された4人編成グループ。南米を拠点に欧州やインド等、世界30ヵ国でライブを行い、その実力はローリングストーン誌が「史上最高のトリビュートバンド!」と称えたほどだ。2017年に初来日を果たして以来、毎年公演を行う人気バンドとなっている。

今回のライブは、今年7月に開催予定であった5ヵ所のジャパンツアーが完売したため、急きょ組まれた異例の前倒し追加公演となる。

GOD SAVE THE QUEENと共演するトリビュートバンドは、GUEEN(グイーン)、QUEENESS(クイーンネス)、QUEER(クイーア)の3組。いずれも日本のバンドということで、クイーンの6回の来日公演のセットリストから演奏を予定。GUEENは初来日の1975年と1976年を、QUEENESSは1979年と1981年、QUEERは1982年とフレディ生前最後の来日公演となった1985年と、おのおののバンドが、各年代を代表する楽曲の演奏を予定している。

GOD SAVE THE QUEENは、過去2回の来日公演でファンを唸らせた王道のセットリストを披露。ラストは4つのバンドがステージに会し、感動のフィナーレとなる模様だ。

さらにバンドのセットチェンジの時間には、関係者を迎えたトークセッションも予定。トークゲストには、最初の来日から、プライベートで訪れた1986年までフレディ・マーキュリーのガードマンを務めた伊丹久夫、元ミュージック・ライフの編集長・東郷かおる子、映画『ボヘミアン・ラプソディ』で日本語字幕を監修した増田勇一を迎える。

イベント開催日の4月20日(土)といえば、27年前の同日、英ウェンブリースタジアムで行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートの日。東郷、増田の両氏は奇しくも同コンサートに取材に行っており、トークではその辺りの話も聴けそうだ。

アルゼンチンのGOD SAVE THE QUEENが日本のトリビュートバンドと共演する『A NIGHT AT THE MAKUHARI』。チケットは、本日2月27日(水)より発売。詳細はイベントサイトをチェックしよう!

イベント情報

GOD SAVE THE QUEEN with GUEEN,QUEENESS,QUEER
A NIGHT AT THE MAKUHARI
04/20(土) 千葉・幕張メッセ イベントホール
出演(バンド):GOD SAVE THE QUEEN、GUEEN、QUEENESS、QUEER
出演(トークゲスト):伊丹久夫、東郷かおる子、増田勇一 and more…
MC&構成:石角隆行

ライブ情報

God Save The Queen Japan Tour 2019
07/03(水) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
07/04(木) 宮城・仙台GIGS
07/05(金) 東京・中野サンプラザ
07/09(火) 福岡・DRUM LOGOS


イベントサイト
https://ticket.yahoo.co.jp/special/gsq-makuhari/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC