10年約330億円で移籍のマチャド! MLB公式が公開したスーパープレイ動画が話題

10年約330億円で移籍のマチャド!  MLB公式が公開したスーパープレイ動画が話題

MLBのFA戦線。各球団がキャンプインし、オープン戦がはじまっても、スター選手の所属球団が決まらない状態が続いていたが、ついに動き出した。
今年のFA選手の中でも、特に注目を集めていたのがブライス・ハーパーとマニー・マチャドの2選手だろう。長期での大型契約必至と言われていた両選手。獲得する球団の噂ばかりが広まり、正式なディールに結びつかないまま2月後半を迎えてしまっていた。

View this post on Instagram

IT’S OFFICIAL: Manny is a Padre.

A post shared by MLB ⚾ (@mlb) on

しかしながら、ついにこの大物達にも動きがあった。先週、サンディエゴ・パドレスはマニー・マチャドと10年総額3億ドル、日本円にして約333億円で正式契約を結んだと発表したのだ。

View this post on Instagram

Money Machado.

A post shared by MLB ⚾ (@mlb) on

10年3億ドルでのFA契約は、この時点でMLB史上最高額での契約だ。これまでの最高金額は、2007年オフにアレックス・ロドリゲスがヤンキースと結んだ10年2億7500万ドル。マチャドの契約は、これを大きく上回る形となった。

マチャドと言えば、その勝負強いバッティングに定評があるが、守備面でも超一流。MLB屈指の鉄壁の守備と、驚異の肩力を持つ3塁手なのだ。

パドレスとの正式契約を受け、MLB公式SNSはマチャドのスーパープレイ動画を公開。ボテボテのゴロを素手で掴んだ後の矢のようなスローイングや、難しいボールを抜群の身体能力でキャッチするシーンなど、マチャドがMLB屈指の3塁手であることを証明してくれる動画だ。「これがマチャドを楽しみにする理由だ!」という文章を添えたこの動画は、これまでに77万再生を超える反響をみせている。

昨シーズンに多くみせたラフプレーや喧嘩っ早い性格も影響して、素行不良のイメージもあるマチャドだが、その実力は誰もが認めているところ。この大型契約も、球団からの期待のあらわれだろう。昨シーズン、地区最下位と振るわなかったパドレスの救世主となるのか、注目していきたい。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO