『樹木希林 120の遺言』発売1カ月で累計30万部突破!

『樹木希林 120の遺言』発売1カ月で累計30万部突破!

1月28日に発売された樹木希林の生前の言葉をまとめた書籍『樹木希林 120の遺言』が30万部を突破した。
 

本書は、『NHKスペシャル「“樹木希林”を生きる」』や、朝日新聞の連載「語る 人生の贈りもの」のインタビューほか、雑誌、専門誌、フリーペーパーでの発言に至るまで、多岐にわたるメディアから、心に響く樹木のメッセージを厳選。『寺内貫太郎一家』について語った1974年の対談から2018年に亡くなるまでの120の言葉を収録し、本書でしか読むことのできない名言が満載だ。

仕事、家族、夫婦関係、生きることと死ぬことについて……。誰もが人生で直面する「壁」をどう乗り越えればいいのか― ― 。<ありのままの自分>を貫き、最期まで<自然体>で生きた樹木さんの率直な言葉には、彼女の人となり、そして人生哲学がつまっている。

樹木が1歳ぐらいの時に撮影された両親との写真、内田裕也・也哉子との記念館での写真、娘夫婦・孫との家族写真など、女優としてだけでなく女性として、母として、祖母としての樹木の姿を垣間見ることのできる貴重な写真も収録。装丁は鈴木成一。まえがきは、生前樹木と親交のあった養老孟司。

編集者コメント
本書は樹木さんが弊社の企業広告にご出演いただいたことが縁となり、実現した企画です。テレビ映像、新聞、雑誌、一般向けでない フリーペーパーにまで目を通し、時間をかけて言葉を選びました。数ある言葉のなかでも、樹木さんの本質的な部分が伝わるメッセージを選んだつもりです。 人生とは、幸せとは、大人になるとは、ということを考えるヒントになればと思います。

書誌情報

『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』
著:樹木希林
発売日:1月28日
定価:本体1,200円+税