岡田准一主演『ザ・ファブル』人気キャラを演じるのは宮川大輔とオリラジ藤森! 本予告映像解禁

岡田准一主演『ザ・ファブル』人気キャラを演じるのは宮川大輔とオリラジ藤森! 本予告映像解禁

岡田准一が殺し屋に初挑戦する映画『ザ・ファブル』(6月21日(金)全国公開)の本予告映像が解禁された。

本作は、単行本累計部数200万部突破、「2017年度講談社漫画賞」一般部門賞を受賞し、今、一番面白い作品と呼び名が高い南 勝久の同名コミックを実写映画化したもの。圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋で、天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる通称“ファブル”(岡田)が、ボス(佐藤浩市)から与えられた指令で、1年間殺し屋を休業し、「佐藤アキラ」という偽名で相棒「ヨウコ」(木村文乃)とともに大阪で一般人として普通の生活を始める。

今回の映像では、ファブル(岡田)とフード(福士蒼汰)の壮絶銃撃戦シーンをはじめ、初解禁アクションシーンが満載! ボス(佐藤)の命令で相棒のヨウコ(木村)と共に普通の生活を満喫し始めたファブルが、初めて会った“普通”の女性ミサキ(山本美月)を、“誰も殺さずに救出する”という新たなミッションに挑戦する姿も描かれるほか、ファブルを取り巻く悪いヤツら(福士、柳楽優弥、向井 理、安田 顕)も登場する。

また、映像では、今まで誰が演じるのかベールに包まれていた人気キャラ、お笑い芸人”ジャッカル富岡”を宮川大輔が演じていることが分かる。ジャッカル富岡は、いつも無表情なファブルが唯一爆笑してしまうお笑い芸人。予告編内にもジャッカル富岡のシュールなギャグを見て爆笑するアキラの姿が映っている。

さらに、チャラ男の“河合ユウキ”を藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が演じることも発表! “河合ユウキ”はヨウコ(木村)をバーで口説こうとするも、逆にヨウコに潰されてしまうダメなチャラ男という原作でも人気のキャラクターだ。

【宮川大輔(ジャッカル富岡)コメント】
ジャッカル富岡は原作で非常に人気のキャラクターで、ファンの間では誰が演じるのか話題沸騰と聞きました。しかも岡田准一さん演じる伝説の殺し屋が唯一爆笑する芸人役ということで、その重要さを受け止め、魂を込めて演じました。ジャッカル富岡のシーンは、撮影全体の終盤に行われたので、先にアップしたキャストの皆様のバトンをつなぐ気持ちでやらせていただきました。衣装は上半身が裸にネクタイだけなので腹が出ていた方が面白いと考え、前日には特盛3杯食べて出来る限りの役作りをしました。

【藤森慎吾(河合ユウキ)コメント】
ヨウコ役の木村文乃さんとの共演で、終始ドキドキ、大興奮の現場でした!その木村さんに鼻にピスタチオを詰めていただけるというのは、たまらない経験でした! 両方の鼻にピスタチオを詰められて、片方だけ落ちるという難しい撮影もあったので、木村さんとは入念にリハーサルをしました! 演じさせていただいた河合ユウキは、ずっと女の子のことばっかり考えているどうしようもない奴ですが、憎めない可愛げのある奴だと思います!そんな河合の滑稽な様子に、笑ってもらえたら嬉しいです!

【STORY】 
どんな相手も6秒以内に殺す――。
“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。
殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

作品情報

『ザ・ファブル』
6月21日(金)全国公開


出演:岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 向井 理 木村 了 井之脇 海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔 佐藤二朗 光石 研 / 安田 顕 / 佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
松竹・日本テレビ共同幹事作品
©2019「ザ・ファブル」製作委員会

オフィシャルサイト
http://the-fable-movie.jp/

『ザ・ファブル』原作