生田斗真主演、劇団☆新感線『偽義経冥界歌』大阪公演本日開幕! コメント&公演レポート到着

生田斗真主演、劇団☆新感線『偽義経冥界歌』大阪公演本日開幕! コメント&公演レポート到着

本日3月8日(金)より大阪・フェスティバルホールで上演される、2019年劇団☆新感線39興行・春公演いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』より、生田斗真、いのうえひでのりのコメントが到着した。

本作は、座付き作家・中島かずきによる約5年ぶりとなる「いのうえ歌舞伎」シリーズの完全新作。源義経の、偽物説、影武者説といったドラマティックなエピソードをベースにし、義経が実際に奥州に匿われていたという史実と奥州三代の盛衰の行方を絡めつつ物語は展開。新感線ならではの笑いたっぷり、殺陣、アクション満載の王道エンターテインメントだ。

主人公の偽義経・源九郎義経を演じるのは新感線には4度目の出演でありながら、いのうえ歌舞伎作品で主演を務めるのは初となる生田斗真。共演に、りょう、早乙女友貴、今作が新感線初参加となる中山優馬、本作が初舞台となる藤原さくら、山内圭哉、三宅弘城(東京・福岡公演のみ)、昨年の『メタルマクベス』disc1で退団以来21年ぶりに劇団公演に参加した橋本さとしと豪華なゲストが顔をそろえている。

さらに、公演レポートと舞台写真も解禁された。

【劇団☆新感線主宰・演出:いのうえひでのり コメント】
『偽義経冥界歌』は劇団☆新感線史上最大といえるほど立ち回りの多い公演です。立ち回りがダンスのようにお芝居として複雑に入り込んでいて、キャストの動きにうまく馴染まないと台詞とのリズムが悪くなり、物語のうねりが客席に伝わらなくなってしまうので、開幕までにしっかり間に合わせて良い形でお届けしたいと思っています。
生田斗真くんは、今では弟キャラではなく、すっかり立派な俳優さん。新感線のことも良く分かってくれていて、差し引き、駆け引き、気遣いすべてにおいて任せられる主役です。
大阪公演は3年ぶり。豊洲(IHIステージアラウンド東京)にずっといたので、一つの場所から解放されるエネルギー、そして劇団員が揃う楽しさもある公演です。ぜひご期待ください。

【源九郎義経役:生田斗真 コメント】
前作『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』(16)は大阪フェスティバルホールにて大千秋楽を迎えました。あれから3年近く時が経ち、また同じ場所からスタート出来る事に喜びを感じています。かなり大きな会場ですが、最前列から、2階席、3階席の1番後ろのお客様まで、誰一人置いていかない、お芝居にしたいと思っています。

稽古中は橋本さとし先輩の天然ぶりに終始翻弄された稽古場でした。久しぶりに本公演に参加する、さとしさんと、それを心から喜んでいる劇団員の皆さん。素晴らしい連帯感と幸せに満ちた稽古場でした。『偽義経冥界歌』は久しぶりの劇団☆新感線の新作! とにかく役者が駆け回る! 闘う! 歌う! 少年漫画のようでありながら、誰もが楽しめるスペクタクル作品です。難しい事は考えず、僕らが創り上げる劇空間にお付き合い下さい。

劇団☆新感線版アベンジャーズ×ハムレット×リメンバー・ミー! さぁ訳が分からなくなってきただろう? 楽しみになってきただろう? 自信あり! そして当日券も数枚あり! 劇場にて、、、否! 冥界にて待つ!

公演レポート

生田斗真が新たなる英雄として覚醒する!正真正銘のモンスター級超大作。

「くぅぅうーーー!」。観劇中、何度声にならない歓声を発したことか。豪華絢爛、疾風怒濤、目に入るすべてが名場面。「物凄い瞬間を目にしている……」という感動と興奮が加速度的に高まっていく。正真正銘、過去最強のクオリティで贈る、劇団39年の歴史と進化が詰まったモンスター級超大作だ。

物語は冒頭から、能天気な場面と互いの刃が喉元を掠めるような、緊張と緩和が交互に押し寄せる、心臓ドキバクの展開に。登場人物らは笑顔の裏で「使命を忘れるな」と表情を引き締めるから、いよいよ何が真実で誰が味方か分からない。そんな状況にも、ワケあり偽義経がお構い無しに出陣の狼煙をあげる。均衡を破り運命の歯車が動き出す、最高にワクワクする幕開けだ。

劇空間に巨大な岩窟や海原を出現させる美術や映像、笑いや激情を増幅させる照明や音楽、機能美を備えた華麗な衣裳まで。洗練されたスタッフワークが作品に一層の深みと芸術性を与える。ステージは舞台の一番奥の方から舞台面まで階段状に伸び、戦闘場面では兵士が客席前方にまで飛び出すような迫力に圧倒される。

切り込み隊長の早乙女友貴が華麗な剣術で物語に弾みをつけると、主演の生田斗真が快活に登場。場違いな状況でダブルピースを連打するほどには無邪気だが、思わぬ機転の良さでピンチをしのぐ只者らしからぬ片鱗もチラリ。漏れなくイケメン要素も盛り込まれ、多彩な表情に首ったけ。弟役の中山優馬は、怖いくらいの従順さがかえって後の豹変ぶりに期待を持たせる。母親で巫女頭でもあるりょうは瞬時に仏と鬼の形相を入れ替え、粟根まことは鋭い眼光そのままに、チュッチュとラブに呆ける姿が新境地。

そして、居並んだときの迫力と安心感が半端ない、橋本じゅん、橋本さとし、山内圭哉の渋メン手練れトリオだ。彼らが否応なく主人公を修羅場へと導いていく。やがて、藤原さくらの甘く切ない歌声が冥界の扉を開けるとき、生田斗真が覚醒するーー。血と義の狭間で偽義経は何を思うのか、しかと見届けたい。

取材・文:石橋法子
撮影:田中亜紀

藤原さくらさんのインタビューはこちら
藤原さくらが劇団☆新感線で初舞台。生田斗真主演のいのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』に挑む想いを語る

藤原さくらが劇団☆新感線で初舞台。生田斗真主演のいのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』に挑む想いを語る

2019.01.25

【STORY】
日の本の国が、源氏と平氏の勢力で二分されていた時代。
源頼朝(粟根まこと)が鎌倉を拠点に力を蓄えていた一方で、国の北方、“みちのく”と呼ばれる奥州はどちらにも属さず独立自治を貫いていた。奥州をまとめていたのは奥華(おうが)一族。その都である奥泉は“黄金の都”と噂されており、また奥華の民は死者を木乃伊(ミイラ)にする風習があるため奥泉のはずれにある洞窟には先祖代々の木乃伊が眠っている。
その地元のものが聖なる場所として崇める洞窟で、ある若侍が暴挙を行った。彼の名は遮那王牛若(早乙女友貴)、頼朝の義理の弟で平氏の追っ手から逃れるために奥華によりかくまわれていたのだ。お目付け役の僧・常陸坊海尊(山内圭哉)と奥華次郎泰衡(中山優馬)の制止を無視して死者を冒涜、とうとう次郎と斬り合いになる。そこに割って入った次郎の兄・奥華玄久郎国衡(生田斗真)だったが、はずみで牛若を死なせてしまう。僧兵に追われ逃げる玄久郎の前に立ちはだかったのが武蔵坊弁慶(橋本じゅん/三宅弘城)。玄久郎を錫杖で打ち据えると、奥華の屋敷へ連れていく。
屋敷では奥華の当主・奥華秀衡(橋本さとし)が待っていた。次郎をかばうためとはいえ頼朝の挙兵直前だったこともあり、牛若を殺したのは大問題だと頭を抱える一同。だが「牛若はそこにいる!」と玄久郎を指さす弁慶。弁慶や海尊ら僧たちが口裏を合わせ、さらに奥華の金塊を軍資金として差し出せば、義兄の頼朝は騙せると踏んだのだ。あまり深く考えず、その提案を受け入れる玄久郎は、ここで元服もし、以降は源九郎義経を名乗ることとなる。

そうして義経らが頼朝を丸めこみに行っている間、奥泉では先祖代々の木乃伊が並ぶ洞窟内で巫女たちが歌い踊り、酒宴が行われていた。そこで、秀衡の妻にして次郎の母でもある巫女長の黄泉津の方(りょう)は、次郎が正当な後継ぎであると主張。その企て通りに、次郎に秀衡を殺させる。
そんなことは露知らず義経は進軍を続けていたが、壇之浦にてさらに戦いは激化。その海辺にひとりの若い女性が現れる。静歌(藤原さくら)という大陸渡りの歌うたいで、ギターに似た楽器“六絃(ろくしん)”を操り滅んでいく平氏の兵のために哀悼の歌をうたっているのだった。すっかり心を奪われてしまった義経に乞われて死者を冥界に送る歌を静歌がうたうと、そこに血まみれの秀衡が現れ「妻と弟に諮られ、実の息子に手を下された」と語り、「仇をとって父の無念を晴らしてくれ」と義経に訴える。この不可思議な現象は、静歌の歌に秘密があると睨んだ義経は彼女を連れて奥華へ向かうことにするが……。
偽りの身分を盾にしつつ、常にポジティブシンキングと機転とで数々の苦難を軽々と乗り越えていく義経。その目に映るのは日の本の天下の光か、はたまた冥界に広がる闇か……?

公演情報

2019年劇団☆新感線39(サンキュー)興行・春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』
【大阪公演】

3月8日(金)〜21日(木・祝)
会場:フェスティバルホール

【金沢公演】
 4月2日(火)〜7日(日)
会場:金沢歌劇座

【松本公演】
4月18日(木)〜21日(日)
会場:まつもと市民芸術館

【東京公演】
2020年2月予定
開場:TBS赤坂ACTシアター

【福岡公演】
2020年4月予定
開場:博多座

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:生田斗真/りょう 中山優馬 藤原さくら/粟根まこと 山内圭哉 早乙女友貴/橋本じゅん(大阪・金沢・松本公演) 三宅弘城(東京・福岡公演)/橋本さとし ほか
©2019『偽義経冥界歌』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線
アイキャッチ:©2019『偽義経冥界歌』

オフィシャルサイト
http://www.vi-shinkansen.co.jp/niseyoshitsune/