佐野勇斗と「一緒に温泉デートに来ている感覚」が楽しめるカレンダー発売!

佐野勇斗と「一緒に温泉デートに来ている感覚」が楽しめるカレンダー発売!

2018年下半期「国宝級 NEXT イケメン」ランキング(「ViVi」企画)で1位を獲得、昨年は『⻘夏 きみに恋した30⽇』など、主演を含む6作品に出演し、その⽢いルックスと振り幅のある演技⼒で、映画やドラマに引っ張りだこの佐野勇⽃が、カレンダーを発売し、発売を記念した握⼿会が3⽉9⽇<3・9“サンキュー(ありがとう)”の⽇>にファンへの感謝を込め、HMV&BOOKS SHIBUYAで行われた。

今作は、温泉で有名な伊⾖・伊東エリアで撮影され、“佐野勇⽃と⼀泊⼆⽇の温泉・レトロデート”がテーマとなっている。
普段はなかなか⾒ることのできない“旅館での浴⾐姿”や温泉、美術館などでの⼀コマが収録されており、彼のあどけない表情から、⼤⼈っぽい⾊気のある雰囲気を楽しめる内容だ。

カレンダーの見どころを訊かれた佐野は「“何したい?”と言っていただいて、“温泉に行きたい”と僕が言いました。テーマは、見ていただく方が一緒に温泉デートに来ている感覚でカレンダーを毎月見てもらえたらうれしいなと思って作りました」と作品をアピール。

浴衣姿を披露したり、温泉地を満喫している写真が多い今作撮影中のエピソードを訊かれると「旅館で撮影させていただいたんですが、老舗というかすごく雰囲気のあるところでした。そこにゲームセンターがあり、久しぶりに行って、クレーンゲームでぬいぐるみを取れました」と撮影中のエピソードを披露。

『佐野勇斗カレンダー2019.4-2020.3』より ©SDP

作品の自己採点を訊かれると「何点満点ですかね?…300点くらいで!ぼくも写真選びとか携わらせていただいたんですが…クールなかっこいい表情のぼくだけではなく、ほかの人なら載せないような、だいぶふざけた…こんな表情を載せてもいいんだという、ぼくの素の表情を見せられたカレンダーになっていると思うので大変満足している300点です」と満面の笑みで答えていた。

もうすぐ21歳の誕生日を迎える佐野が20歳を振り返った。「去年はたくさんの映画、ドラマに出演させていただいて、ぼくのこと知ってくださる方もたくさんいる中、10代と20代の節目の年だったので、今後の…10年後の自分について、たくさん悩んで考えた1年だったと思います。昨年はすごく忙しくさせていただいたので、20歳としては好スタートだと思うのですが、その反面いろいろと考えました」と、自分と向き合う時間がたくさんあったようだ。そのコメントは、今後「小中高とサッカーやいろんな運動をやってきたので、熱い、やんちゃな部活もの、青春ものの映画やドラマに出てみたいなと思います」と抱負を語っていたが、役者としての飛躍を予感させるコメントだった。

卒業シーズンということもあり、「卒業したい〇〇」を披露してくれた。「21になるので、いい加減…アイスとかお菓子が一番好きな食べ物ですというのをやめたいです。子供が好きな食べ物を挙げてしまうので、カルパッチョ、モッツァレラチーズとか大人な食べものを言えるようにしたいです」と大人然とした発言に磨きをかけていくとのこと。

『佐野勇斗カレンダー2019.4-2020.3』より ©SDP

イベントは、ファンへ感謝の気持ちを伝える39(サンキュー)の日に行われた。佐野自身も「感謝を伝えたい人はたくさんいるんですけど…先日、地元の友達と遊びまして、すごく応援してくださっているんです。その地元の応援はすごく大きい存在なので、愛知・岡崎にいる家族だったり、友達、先生方にも感謝を伝えたいと思います」と、支えてくれている多くの方々へ素直に感謝を伝えたいようだ。

最後にファンに向けて「いつも応援してくださってありがとうございます。去年いろいろ考えたといいましたが、地元の方、応援してくれるファンの方がいなかったら、カレンダーを出すこともできないので、みなさんに感謝しかないです。30、40歳になっても応援していただけるよう頑張りますので、これからもよろしくお願いします」と締めくくり、会見は終了した。

先⽉、主演作の映画『凜-りん-』【原作・脚本監修:⼜吉直樹】が公開され、注⽬の若⼿俳優として存在感を発揮する⼀⽅で、ボーカルダンスユニットM!LK(ミルク)のメンバーとしても活躍中の佐野勇⽃。今後、さらなる活躍に期待したい。

フォトギャラリー

『佐野勇斗カレンダー2019.4-2020.3』

発売日:2019年2月27日(水)
価格:¥2,200+税
サイズ:A5横 リング式卓上型
ページ数:15ページ
発行:SDP

佐野勇⽃(さのはやと)

1998年3⽉23⽇⽣まれ(20 歳)。愛知県出⾝。
2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビュー。その後、ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣⼈」(2016年/TBS)では“お兄ちゃん”役で⼈気を博した。2018年はドラマ「トドメの接吻」、『ちはやふる-結び-』、『⽺と鋼の森』、『⻘夏 きみに恋した30⽇』、『3D彼⼥ リアルガール』、『⾛れ!T校バスケット部』など主演作含む6作品に出演。2018年下半期の「国宝級 NEXT イケメン」ランキング(「ViVi」企画)で⾒事1位を獲得し、先⽉に主演作の映画『凜-りん-』【原作・脚本監修:⼜吉直樹】が公開されるなど、今最も⽬が離せない⼤注⽬の若⼿俳優。また、ボーカルダンスユニットM!LK(ミルク)のメンバーとしても活躍中。

©SDP