映画『ブラック・クランズマン』、主演ジョン・デヴィット・ワシントンのインタビュー映像解禁

映画『ブラック・クランズマン』、主演ジョン・デヴィット・ワシントンのインタビュー映像解禁

3月22日(金)に全国公開される映画『ブラック・クランズマン』より、主演を務めたジョン・デヴィッド・ワシントンのインタビュー映像が解禁された。

本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという、大胆不敵な事件を綴った同名ノンフィクション小説を映画化。「第71回カンヌ国際映画祭」で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞、辛口批評サイト「ロッテントマト」では95%フレッシュを獲得。さらに、「第91回 アカデミー賞」では、スパイク・リーが脚色賞を受賞した。

実父デンゼル・ワシントンが主演を務めた『マルコム X』でリー監督作品に出演して以来、リー監督とは家族ぐるみでの交流があるというワシントン。解禁された映像では、そんなリー監督との現場はどうだったかと聞かれると、「新しいおもちゃをもらったみたいに楽しかった!」と、まさに幼い頃からの親交があるワシントンならではの表現で話しつつも、「スパイクは僕を信頼してくれたから僕も彼のやり方を信頼できた」と長年の信頼関係が作品に相乗効果をもたらしたことを明らかにしている。

また、本作のストーリーについては「現代を生きる僕らも同じ問題と戦っている。だからこの作品で白人や黒人そして警察署の人たちが同じ目標のために頑張る姿に安心や驚き、喜びを感じるんだ。映画の舞台は70年代のコロラドスプリングスだが、今の社会が抱える問題とつながっているんだ」と、この時代に生きる我々に訴え、さらに本作が実話であることに関しては「ロン(原作者)は実際にKKKの会員証を見せてくれた」と、“ありえない実話”に出演している本人も笑ってしまうほど驚いている様子を見せている。

父であるデンゼル・ワシントンの背中を追い、本作でも「ゴールデングローブ賞」主演男優賞にノミネートされるなど、今後も目が離せない活躍が期待されるジョン・デヴィッド・ワシントン。本作で堂々と主演を務めあげた名演技にも注目したい。

【STORY】
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

作品情報

『ブラック・クランズマン』
3月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開

監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー/ローラ・ハリアー/トファー・グレイス/アレック・ボールドウィン ほか
原題:BlacKkKlansman
映倫:G指定
ユニバーサル映画
配給:パルコ
©2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

『ブラック・クランズマン』オフィシャルサイト
http://bkm-movie.jp/