『3年A組」出演・望月 歩が添い寝カフェ、死体清掃などで5億円稼ぐ!? 映画『五億円のじんせい』で初主演

『3年A組」出演・望月 歩が添い寝カフェ、死体清掃などで5億円稼ぐ!? 映画『五億円のじんせい』で初主演

約400本の応募の中から「NEW CINEMA PROJECT」第一回グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』が7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開されることが決定。併せて、予告編とポスタービジュアル、追加キャストが一挙解禁された。

主人公は幼い頃に、善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。健康に成長し17歳になった望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒される窮屈な青春を送っていた。ある日、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休み、望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていたーー。

主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月 歩。『ソロモンの偽証』やドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』などに出演し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。周囲の期待に応えようとする“いい子”の望来は、家出の中で、ホームレスや、工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長しながらも、汚れることのない魂をもち続ける。そんな望来を望月は、卓越した身体能力を武器に、みずみずしく伸びやかに体現している。

また、望来が入院中の小児病棟で慕っていた年上の少女・橘明日香を演じるのは、テレビドラマやCMを始め映画『ミスミソウ』での主演も記憶に新しい山田杏奈。物語のキーとなる全く異なる二役を印象的に演じ分ける。また、本プロジェクトのキャスト部門でグランプリを受賞した兵頭功海、審査員特別賞を受賞した小林ひかりも出演。そのほかの共演者として、望来を愛するシングルマザーの母役に西田尚美、旅に出た望来が出会うクセ者たちに、森岡 龍、平田 満、松尾 諭、水澤紳吾、芦名すみれ、諏訪太朗らが扮している。

主題歌を歌うのは、本プロジェクトのミュージシャン部門でグランプリを受賞した広島在住のラッパーZAO。グランプリ受賞曲「夜に溶けて」とは別に本作オリジナルの主題歌「みらい」を描き下ろしている。

この度解禁されたポスターは、主人公・望来が躍動的に青空を駆ける姿と「五億円稼いで、ボクは死ぬ」というドキッとするような言葉が組み合わされている、本作を象徴するようなポスター。また同時に解禁となった予告編では、そんな望来が次々と闇バイトに巻き込まれていく様がテンポよく描かれ、旅の終わりに彼が見つけるものが気になる仕掛けとなっている。

なお本作は3/15(金)より開催される第一回愛媛国際映画祭のコンペティション部門にて上映が決定している。

作品情報

『五億円のじんせい』
7月20日(土)よりユーロスペース他にて全国順次公開

監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月 歩(「ソロモンの偽証」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」)山田杏奈 森岡 龍 松尾 諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎/平田 満 西田尚美
主題歌:「みらい」ZAO

製作:畠中達郎 田中祐介
プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤 元
協力プロデューサー:盛 夏子 諸田 創 宮瀬佐知子 
助監督:久保朝洋 
撮影:田島 茂
照明:山田和弥
録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎
装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平
ヘア・メイク:有路涼子
スクリプター:松本 月
編集:脇本一美
制作担当:芳野峻大
音楽:谷口尚久
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

オフィシャルサイト
https://gyao.yahoo.co.jp/special/newcinemaproject/