モバイルゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』、プレイ内容を初公開!

モバイルゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』、プレイ内容を初公開!

ワーナー・ブラザースとNiantic, Inc.が共同開発しているモバイルゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』のゲームプレイの内容が初公開された。

本作は、プレイヤーが魔法界を襲った大災厄を調査するため国際機密保持法特別部隊の新入隊員となり、呪文を唱え、魔法動物やおなじみのキャラクターに出会いながら、この危機を救うために現実世界へ冒険に出るゲーム。世界中の魔法使いが一致団結し呪文を唱え、魔法界の存在をマグル(=人間)に知られないよう、魔法によって囚われた、物体や事象、生物や動物、人々、さらには記憶を、適切な場所に戻していかなければならない。

ゲーム内では、プレイヤーが自らの足で世界中を旅することで、呪文エネルギーを補充する「宿屋」や、魔法薬の調合に使う「原材料」、魔法界の象徴的な場所へ行くことができる「移動ポートキー」などを発見することができる。また、魔法使いが、「魔法使いチャレンジ」を開催する重要なエリアでもある「要塞」と呼ばれる現実世界の場所を訪れると、戦闘スキルのテストが行われる。強敵とのリアルタイムマルチプレイバトルでは、仲間の魔法使いとの協力プレイによって、より高いレベルの脅威に挑むことで、レア報酬を受け取ることができる。

呪文、魔法使いチャレンジ、その他の機能など、ゲームプレイの仕組みに関する詳細については、ブログ(英文)を確認してほしい。日本語のブログは後日公開予定であり、追ってオフィシャルTwitterなどで公開予される。

なお、オフィシャルサイトでは事前登録を受付中。さらに、本日3月12日(火)より、Google Playでも事前登録が開始された。

【主な機能】
・リアルワールドの冒険
プレイヤーは現実世界での冒険をしていく中で、「宿屋」「温室」「要塞」「魔法の痕跡」などの魔法界のものを地図上で見つけることができる。

・物語に潜む謎
数年に渡る深いストーリーのなかで、プレイヤーは大災厄の裏に潜む真実を含む、さまざまな謎を解き明かしていくことになる。

・呪文、および最先端AR+技術を使ったエンカウント(遭遇)
360度全方位型の最先端AR+技術によって、「魔法の痕跡」と遭遇すると、きめ細かな3D体験をすることができる。また、画面上で杖の動きをなぞることで、呪文を唱え、強力な魔法を打ち破ることができる。

・魔法使いチャレンジ
地図上の「要塞」で開催されるこのチャレンジでは、マルチプレイによる同じアリーナでの戦い、エンカウントによる戦闘といった、完全なRPGを体験することができる。

・職業
プレイヤーは闇払い、魔法動物学者、先生といった職業に就くことができる。職業の異なるプレイヤーと協力することで、魔法使いチャレンジで敵を打ち負かしたり、レアなコンテンツを開放したりといった
ことが容易になる。

・移動ポートキー
旅行かばんを発見し、作動させることで、プレイヤーはVRのような没入感のある体験、そして魔法界の象徴的な場所への冒険ができる。

・魔法薬の調合
プレイヤーはマップ上の独特の生物群および気象条件の温室の中から「原材料」を集め、ゲームをうまく進行させることのできる、さまざまな「魔法薬」を作ることができる。

※ゲーム内の用語は、予告なく変更になる場合あり。
※また、映像、画像等のデザインは開発中の英語版のもの。予告なく変更になる場合あり。

『魔法の痕跡レポート ニフラー編』

『魔法の痕跡レポート ニンバス編』

PORTKEY GAMES, WIZARDING WORLD, HARRY POTTER: WIZARDS UNITE, characters, names and related indicia © and ™ Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights © J.K. Rowling. ©Niantic, Inc. All Rights Reserved (s18)

ブログ(英文)はこちら
https://www.harrypotterwizardsunite.com/ja/post/hpwufirstlook

『ハリー・ポッター:魔法同盟』オフィシャルサイト
https://harrypotterwizardsunite.com/ja/

オフィシャルSNS
Facebook
Twitter
Instagram