前田敦子主演の映画『旅のおわり世界のはじまり』ポスタービジュアル&予告が解禁。「愛の讃歌」生歌に挑戦していることも明らかに

前田敦子主演の映画『旅のおわり世界のはじまり』ポスタービジュアル&予告が解禁。「愛の讃歌」生歌に挑戦していることも明らかに

黒沢 清監督、前田敦子主演の映画『旅のおわり世界のはじまり』の公開日が6月14日(金)に決定。併せて、ポスタービジュアルと最新予告映像が解禁された。

本作は、“舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めたテレビ番組リポーターの主人公・葉子(前田)が、番組のクルーと取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国での様々な出会いによって、新しい扉をひらき、成長していく姿を描く。主人公と行動を共にする番組クルー演じるのは加瀬 亮、染谷将太、柄本時生という演技派たち。「優秀だがどこか仕事に倦んだカメラマン」を加瀬、「テレビ映えする映像ばかりを気にしているディレクター」を染谷、「天真爛漫なAD」を柄本が演じている。監督の意図を直感的に理解し、決して過剰にならない“引きの演技”は本物の撮影スタッフと見紛うリアルさで、劇中でも絶妙のチームワークを見せている。

また、前田はエディット・ピアフの名曲「愛の賛歌」歌唱にも挑戦。日本人が建設に関わり、日本とウズベキスタンの友好の証である「ナボイ劇場」での交響楽団の伴奏に合わせた歌唱に加え、クライマックスでは標高2,443mの山頂でアカペラの撮影に挑んだ。前田は「何が苦しかったというと『愛の讃歌』という歌の壮大さ。あまりにも深く果てしない感情が表現されていて、生半可な気持ちではその世界に負けてしまう。とにかく歌と向き合って、歌詞のひとつひとつを真っ直ぐ届けることだけを考えていました」と話す。しばらく歌の仕事から遠ざかっていたため、このシーンに備え、クランクイン前からボイストレーニングに取り組んでいたといい、「自分なりにできることはやってきましたが、それでもプレッシャーは大きかった。山頂は想像以上に空気が薄くて、気持ちの余裕はまったくありませんでした」と振り返った。撮影当日は、黒沢監督も前田も時間を忘れるほど集中しており、撮影本番は一発OKで知られる監督だが、このシーンでは8テイクを重ね、山頂での撮影は5時間近くに及んだという。本編では、現場で収録した生の歌声が使用されているという前田の渾身の歌声に注目だ。

今回解禁となったポスタービジュアルには、ウズベキスタンの美しい湖や山脈が広がる地に立つ主人公が、新たな一歩を踏み出そうとしているようにも、「私の心は迷子になった。」のコピーが示すように、心を見失っているようにもみえる印象的な表情が写し出されている。また、同時に解禁された新たな予告映像では、「フレームに写っただけで独特の強さと孤独感が漂う」と話す黒沢監督によって、女優としての潜在的能力を引き出された前田が、言葉の通じない異国での不安や緊張をこのうえなく繊細な表情で伝えている。

なお、本作の前売鑑賞券ムビチケカードが3月15日(金)より発売。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

【STORY】
遠い空の下、“新しい自分”に出会う─
テレビ番組のリポーターとして美しい国“ウズベキスタン”を訪れた葉子は、この国にいる“伝説の怪魚”を探すため、番組クルーと様々な地を訪れる。ある日の収録が終わり、彼女はひとり見知らぬ街を彷徨ううち、導かれるように路地裏につながれたヤギと巡り合う。それは、目前に広がる“世界”との対話のはじまりだった──。

作品情報

日本・ウズベキスタン国交樹立25周年・ナボイ劇場完成70周年記念 国際共同製作作品
映画『旅のおわり世界のはじまり』
2019年初夏、全国公開
監督・脚本:黒沢 清
主演:前田敦子 加瀬 亮 染谷将太 柄本時生
製作:キングレコード、ローデッドフィルムズ、東京テアトル、朝日新聞社、TBSラジオ、博報堂/UZBEKKINO
特別協力:ウズベキスタン国家観光発展委員会  
配給・宣伝:東京テアトル
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

オフィシャルサイトtabisekamovie.com