竹原ピストル、映画主題歌を初書き下ろし。映画『泣くな赤鬼』特報映像で楽曲披露

竹原ピストル、映画主題歌を初書き下ろし。映画『泣くな赤鬼』特報映像で楽曲披露

6月14日(金)に全国公開される映画『泣くな赤鬼』の主題歌が竹原ピストルの「おーい!おーい!!」に決定。併せて、主題歌楽曲を使用した特報映像が初解禁された。

『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化され、教師と生徒の関係を描き続けてきたベストセラー作家・重松 清が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」を原作にした本作。主人公の“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥、ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈、さらに麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが出演する。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。

解禁された特報映像は、かつて鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた教師が、余命半年の元教え子・ゴルゴと思いがけない再会を果たすところから始まる。甲子園出場を目指すゴルゴの高校時代の姿も思い起こされる中、蘇るあの頃の後悔、残された時間で何ができるのか…、教師の葛藤をドラマティックに描かれている。ゴルゴの妻、母、友人たちはどんな想いでゴルゴの死に向き合っていくのか。バスの車中、外の景色を眺めながら涙を必死にこらえる赤鬼先生の姿に深く心を打たれるはずだ。

こほ特報映像を盛り上げるのは、映画主題歌の完全書き下ろしするのは初めてという竹原が手掛ける主題歌「おーい!おーい!!」。竹原の優しく情熱的な歌声と胸にしみる詞に注目してほしい。

【竹原ピストル コメント】
引きずりこまれるように、すっかり親身になりながら、台本を読みました。
映画の中でも存分に描かれるであろう事柄達に野暮な干渉、邪魔をしないように気をつけながら、それでいて、この登場人物のこのときの状況、心境、自分にも身に覚えがあるなぁ。。といううっすらとした接点、共感を見つけて、そこから膨らませて書いた歌です。
物語をそっとかすめながら、そっと胸に響くような、そんな歌となっていたら嬉しいです。
素敵な作品に歌で関わる機会をいただけて、幸せです。
竹原ピストル

【STORY】
城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導でかつては「赤鬼」と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、その夢は一度として叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築き、立派な大人に変貌していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。赤鬼はゴルゴのために、かつて彼が挑むはずだった甲子園出場を賭けた決勝戦の再現試合を企画する。10年という歳月を経て、それぞれの秘めた思いを胸に、ゴルゴにとって最後の試合が行われるのであった―。

キャスト&キャラクター 
堤 真一(赤鬼先生/小渕 隆):教師。現・西高野球部監督、元・城南工業野球部監督。愛称は「赤鬼先生」
柳楽優弥(ゴルゴ/斎藤智之):赤鬼の元教え子。元・城南工業野球部員。野球部時代の愛称は「ゴルゴ」
川栄李奈(斎藤雪乃):ゴルゴの妻
麻生祐未(小渕陽子):赤鬼先生の妻
キムラ緑子(斎藤智美):ゴルゴの母
竜星 涼(和田圭吾):元・城南工業野球部員。ゴルゴのかつてのライバル。

作品情報

『泣くな赤鬼』
6月14日(金)全国公開
出演:堤 真一、柳楽優弥、川栄李奈 ほか
原作:重松 清『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳
配給:KADOKAWA
© 2019「泣くな赤鬼」製作委員会

オフィシャルサイト
https://www.kadokawa-pictures.jp/official/nakunaakoni/

『せんせい。』原作