『ガーリー・エアフォース』第10話のあらすじ&場面カット解禁! バイパーゼロとライノのキャラ設定も

『ガーリー・エアフォース』第10話のあらすじ&場面カット解禁! バイパーゼロとライノのキャラ設定も

3月14日(木)よりTOKYO MX、AbemaTV、サンテレビ、BS11、AT-Xにて放送される、TVアニメ『ガーリー・エアフォース』第10話のあらすじ&場⾯カットが到着。

さらに、バイパーゼロとライノのキャラクター設定も公開された。

ALT 10「上海奪還作戦」
上海への侵攻作戦を間近に控える独飛の面々。とりわけファントムは、作戦の裏に潜む政治的な思惑を危惧していた。無事に戻って来られる保証はどこにもないことを知った慧は、きちんと明華に向き直り、話をしようと決意する。いよいよ始まる作戦を前に、空母ジェラルド・R・フォードでライノたちから歓待を受ける慧だったが……。

第10話場面カット

キャラクター情報

バイパーゼロ F-2A-ANM Viper Zero
那覇基地所属のアニマの少女。極度の照れ屋だが、戦闘においてその戦力は折り紙つき。なぜか慧からは明華そっくりに見えるが?

ライノ F/A-18C-ANM Rhino(CV:白石涼子)
アメリカ海軍所属のアニマの少女。社 交性が高く、好奇心旺盛な性格をしている。開発者であるシャンケルと共に、ザイへの反攻作戦のため来日した。

【イントロダクション】
突如出現した謎の飛翔体、ザイ。それは、人類の航空戦力を圧倒した。彼らに対抗すべく開発されたのが、既存の機体に改造を施した「ドーター」と呼ばれる兵器。操るのは、「アニマ」という操縦機構。それは——少女の姿をしていた。鳴谷慧が出会ったのは真紅に輝く戦闘機、そしてそれを駆るアニマ・グリペンだった。人類の切り札の少女と、空に焦がれる少年の物語が始まる。

作品情報

『ガーリー・エアフォース』
TVアニメ放送中

【放送局】
TOKYO MX 毎週木曜 24:30~
AbemaTV 毎週木曜 24:30~
サンテレビ 毎週木曜 26:00~
BS11 毎週木曜 25:00~
AT-X 毎週木曜 2300~
(リピート放送:毎週土曜 15:00/毎週日曜 26:30/毎週水曜 7:00)

【STAFF】
原作:夏海公司(電撃文庫刊)『ガーリー・エアフォース』
監督:小野勝巳
シリーズ構成:永井真吾
キャラクター原案:遠坂あさぎ
キャラクターデザイン・総作画監督:今西 亨
メカニックデザイン・戦闘監修:大河広行
デザインワークス:吉川美貴
美術設定:小山真由子
美術監督:菊地明子・松本浩樹色彩設計:鈴木依里
撮影監督:志村豪(T2studio)
編集:松本秀治
CGディレクター:藤浩幸
CGプロデューサー:青谷崇司
2Dワークス:中村倫子
音響監督:本山哲
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音楽:I’ve Sound
アニメーション制作:サテライト

【CAST】
鳴谷 慧:逢坂良太
グリペン:森嶋優花
イーグル:大和田仁美
ファントム:井澤詩織
宋 明華:Lynn

【主題歌】
OPテーマ:「Break the Blue!!」 Run Girls, Run!
EDテーマ:「Colorful☆wing」
グリペン(CV:森嶋優花)、イーグル(CV:大和田仁美)、ファントム(CV:井澤詩織)

©2018 夏海公司/KADOKAWA/GAF Project

TVアニメ『ガーリー・エアフォース』 オフィシャルサイト
http://gaf-anime.jp/
TVアニメ『ガーリー・エアフォース』オフィシャルTwitter
https://twitter.com/GAF_anime

原作小説『ガーリー・エアフォース』