満島真之介、玉山鉄二ら豪華キャスト14名が、“AVの帝王”と呼ばれた男の半生を描く山田孝之主演ドラマ『全裸監督』に出演

満島真之介、玉山鉄二ら豪華キャスト14名が、“AVの帝王”と呼ばれた男の半生を描く山田孝之主演ドラマ『全裸監督』に出演

山田孝之主演のNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』に出演する追加キャストが発表された。

本作は、1980年代のバブル時代に“AVの帝王”と呼ばれたAV監督・村西とおるの半生を描いたドラマ。村西を利用しようとする者、敵対する者、執拗に追う警察など、一癖も二癖もある人物たちとの攻防を、ユーモアたっぶりに深く描き出す。

山田が演じる主人公の村西とおるの相棒的存在・荒井トシを満島真之介、村西が裏社会で躍進するきっかけを作る出版社社長・川田研二を玉山鉄二が演じる。2人は村西の成り上がり人生を支える中心人物だ。

そして、厳格な母親を前に本当の自分をさらけ出せず苦悩する大学生、後に村西がAVの帝王となる最大の要因と言っても過言ではないAV女優・黒木 香役に、期待の新星・森田望智が体当たりの演技で挑んでいる。

そのほか、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、吉田鋼太郎、板尾創路、余 貴美子、小雪、リリー・フランキー、國村 隼、石橋 凌ら14名の個性豊かな名優たちが名を連ね、山田演じる“村西”に負けないキャラクターの濃さで、『全裸監督』の世界に彩りを与える。

バブルに向かって日本中が熱狂に包まれた80年代。アダルトビデオ創世記を舞台に、かつてないスケールとそこに関わる人間たちをユーモアたっぶりに深く描き出した『全裸監督』は、2019年Netflixにて全世界配信予定。

【 満島真之介(荒井トシ 役)コメント】
お話をいただき、非常にワクワクしました。この題材を今描くということに未来を感じたし、これから生きていくエネルギーをもらいました。そして、当時の歌舞伎町をイメージした素晴らしいセットで撮影ができることにさらにワクワクは高まり、最初に足を踏み入れた瞬間は、夢の中にいるようでした。スタッフの力は、やはり偉大です。タイムスリップしてきたような気持ちで、思う存分暴れまわりました。
そして、山田さんをはじめとする村西軍団は、とても魅力的なチームです。それぞれの個性を存分に出しあい、芝居の中でセッションできる役者が揃うと、台本だけでは見えない人物像がこんなにも深まるのかと。現場も毎日エネルギーに溢れていて、その空気感が確実に作品の力になっていると思います。
世界中の方々に、日本のエナジーを感じて欲しいですし、これから未来に生きる若者たちのエネルギーの源となってもらえたら嬉しい。

【玉山鉄二(川田研二 役)コメント】
80、90年代の日本映画はある意味、日本らしさに満ち溢れていたのかもしれない。モラルやコンプライアンスが不鮮明だった時代で、勢いがあったのは事実。この本を読んで、今は隠されたその日本らしさを感じました。
川田はある種、特徴が無く無意味に生きている人間。だからこそ、どう演じても良い。そう自分に言い聞かせて檻を外し、変人だけどそこにリアリティを仕上げる事が狙いでした。
プロデューサーから「日本最大の輸出品はひとつはエロだ」と聞いたときに大きな驚きを感じ、深く納得しました。今こそ隠された日本らしさを皆さんに見て感じてほしいです。

【森田望智(佐原恵美<黒木香>役 コメント】
個性的でダークな題材だけれど、王道的でポップな内容でもあって、誰もが楽しめるような、みんながワクワクするお話だと思いました。そして、いい意味で色々ぶっ飛んでいる。だからこそ、これどうやって映像になるんだろう?と想像のつかない奇想天外な情景が沢山浮かんできて、何より私自身が一番ワクワクしてました。
どんな方にも観て頂きたいですが、とくに女性の方には届いて欲しいです。いかがわしい、こんなの普通じゃないと敬遠されがちなAVの世界です。けれど、ここで働いているのは、他の人と同じように仕事に誇りを持って、不器用ながら一生懸命生きている、パワフルで愛しい人たちです。この人達の姿を通して、私たちの思っている普通って本当は何だろうと、考えるきっかけになってくれたらいいなと思います。

配信情報

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』
2019年Netflixにて全世界配信予定

総監督:武 正晴
主演:山田孝之 満島真之介 森田望智 柄本時生 伊藤沙莉 冨手麻妙 後藤剛範 ・ 吉田鋼太郎 板尾創路 余 貴美子 / 小雪 國村 隼 /
玉山鉄二 リリー・フランキー 石橋 凌
原作:本橋信宏「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)

「全裸監督 村西とおる伝」原作