上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星 出演映画『L♡DK』、Honey L Daysの「君が笑っていてくれるなら」がスペシャルコラボ曲に決定!

上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星 出演映画『L♡DK』、Honey L Daysの「君が笑っていてくれるなら」がスペシャルコラボ曲に決定!

3月21日(木)に全国公開される映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』。この度、前作の映画『L♡DK』で主題歌「君色デイズ」を担当したHoney L Daysの「君が笑っていてくれるなら」が、スペシャルコラボ曲として決定した。

原作は、コミックス累計発行部数1,088万部を突破の超人気少女コミック。2014年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こした『L♡DK』が、新キャストと、ドキドキの三角関係になりパワーアップして帰ってくる。

Honey L Daysは、KYOHEI(Vo,Gt)とMITSUAKI(Vo)によるロックヴォーカルデュオ。男子新体操を題材にして話題となったTBS系ドラマ『タンブリング』の主題歌「まなざし」の着うたが 100万ダウンロードを記録し、夢に向かって諦めずに歩んでいくという等身大でストレートな歌詞が、頑張る全ての人の背中を押す応援歌として大きな反響を呼んだ。

コラボ曲「君が笑っていてくれるなら」は主人公の葵(上白石萌音)と柊聖(杉野遥亮)と玲苑(横浜流星)の3人が同居をスタートさせ、柊聖は葵の優しさを改めて感じ、玲苑は葵の魅力を少しずつ感じていくシーンで使用され、本作にさらなる彩りを加えている。

【Honey L Days コメント】
「君色デイズ」を書き下ろさせて頂いた時も、『L♡DK』のピュアさ、甘酸っぱさには終始やられっぱなしでしたが、今回はスペシャルコラボ曲という事で、揺れ動く心情、でも心温まるシーンに寄り添うことができて、本当に光栄でした。男としては、柊聖、玲苑、どちらにも共感できる今作の物語。葵がふたりにくれる優しい時間の流れをさりげなく音楽で表現出来たら と、書き下ろさせて頂きました。必ず、あぁ青春したい! と思わせてくれる『L♡DK』。ぜひ、劇場でお楽しみ下さい。

【STORY】
高校3年生の西森 葵(上白石)には、学校のみんなには言えないある秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)とナイショで付き合って、さらには同居をしていること。葵が柊聖の家で起こしてしまったボヤ騒ぎで、部屋をダメにしてしまい、柊聖はなんと葵の家で暮らすことに!
最初はからかったり、ちょっかいばかりかけてくる嫌なやつ。と思っていたけど、次第に惹かれあい、ついにふたりは付き合うことに! 恋人同士になり、ふたりの同居生活もますますラブラブに…! と思っていたら、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜)が突然アメリカからやってきた! 同居の秘密を必死に隠そうとするもあっさり秘密はバレてしまい、葵と柊聖のふたりを引き離そうとする玲苑とまさかの3人同居がスタート!?

作品情報

『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 
3月21日(木・祝)全国ロードショー
原作 :渡辺あゆ『L♡DK』(講談社『別冊フレンド』刊)
監督:川村泰祐
脚本:江頭美智留
出演:上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 ほか
©「2019 L♡DK」製作委員会

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』作品サイト
http://www.l-dk.jp/

『L♡DK』原作