「good!アフタヌーン」にて連載中の『空挺ドラゴンズ』がTVアニメ化! 2020年1月より放送開始

「good!アフタヌーン」にて連載中の『空挺ドラゴンズ』がTVアニメ化! 2020年1月より放送開始

3月14日に行われたフジテレビのアニメラインナップ発表会にて、「good!アフタヌーン」(講談社)にて連載中されている、『空挺ドラゴンズ』(講談社)のアニメ化が発表。2020年1月より「+Ultra」枠にて放送され、NETFLIXにて独占配信されることが明らかになった。

さらに、本作で描かれる空の覇者である龍<ドラゴン>、そしてそれを狩る存在「龍(おろち)捕り」が捕龍船“クィン・ザザ号”を操り、空を駆け、龍を狩り、旅をする様子が描かれたティザーPVも解禁。

スタッフ情報も発表され、監督は『シドニアの騎士 第九惑星戦役』『BLAME!』で副監督を務めた吉平”Tady”直弘、シリーズ構成・脚本は『暗殺教室』『アルスラーン戦記』などを手掛けた上江洲誠、音響監督は『スパイダーマン:スパイダーバース』「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズの岩浪美和がそれぞれ担当する。

なお、ダ・ヴィンチ6月号(5月7日(火)発売予定)よりオリジナルのノベライズ『空挺ドラゴンズ』(仮題)の連載もスタート。オリジナルの女性キャラクターが活躍するオリジナルのノベライズとなっており、エピソードごとに原作・桑原太矩が描き下ろしのイラストを寄稿予定だ。

ティザーPVはコチラ:
https://youtu.be/bp54JLGnicQ

場面カット

書籍情報

ノベライズ『空挺ドラゴンズ』(仮題)
ダ・ヴィンチ6月号(5月7日(火)発売予定)より連載スタート

原作:桑原太矩
ノベライズ:橘 もも
連載誌:KADOKAWA「ダ・ヴィンチ」(毎月6日発売)

作品情報

『空挺ドラゴンズ』
2020年1月よりフジテレビ「+Ultra」枠にて放送開始
NETFLIXにて独占配信

【INTRODUCTION】
空と龍に魅せられた乗組員たちの旅を描く桑原太矩『空挺ドラゴンズ』(講談社「good!アフタヌーン」連載)。その美麗で壮大なファンタジー世界での丁寧なキャラクター描写を、
『シドニアの騎士 第九惑星戦役』『BLAME!』で副監督を務めた吉平”Tady”直弘がドラマティックに描く。シリーズ構成・脚本は『暗殺教室』『アルスラーン戦記』など数々の人気作品を手掛ける上江洲誠、音響監督を『スパイダーマン:スパイダーバース』、「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズの岩浪美和がそれぞれ務める。そしてアニメーション制作は、ポリゴン・ピクチュアズが担当。『シドニアの騎士』『BLAME!』のスタッフが再集結し、圧倒的なハイファンタジーの世界を魅せる。

【STORY】
空の覇者、龍<ドラゴン>。その存在は多くの地上の人々にとっては脅威・災害であり、同時に薬や油、そして食用としての価値がある“宝の山”でもあった。

その龍<ドラゴン>を狩る存在がいた。捕龍船を操り、空を駆け、龍を狩り、旅をする。彼らは「龍(おろち)捕り」。これはその中の一艇“クィン・ザザ号”とそのクルー達の物語である。

【STAFF】
原作:桑原太矩(講談社「good!アフタヌーン」連載)
監督:吉平”Tady”直弘
シリーズ構成・脚本:上江洲誠
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

©桑原太矩・講談社/空挺ドラゴンズ製作委員会

『空挺ドラゴンズ』オフィシャルサイト
https://drifting-dragons.jp

原作コミック『空挺ドラゴンズ』