『PSYCHO-PASS サイコパス 3』10月よりノイタミナほかにて放送開始! PV&キャラ設定も解禁

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』10月よりノイタミナほかにて放送開始! PV&キャラ設定も解禁

本日3月14日(木)に開催された「フジテレビ アニメラインナップ発表会2019」にて、『PSYCHO-PASS サイコパス 3』放送時期が発表。10月よりフジテレビ“ノイタミナ”枠にて放送されることが明らかになった。

さらにPV第1弾と、先日発表された公安局刑事課一係の監視官・慎導 灼、炯・ミハイル・イグナトフの設定も解禁。

そして、イベントには慎導 灼役の梶裕貴と、炯・ミハイル・イグナトフ役の中村悠一が登壇し、自身が演じるキャラクターに付いてトーク。PVに使用されていた楽曲も話題になったのだが、詳細はまだ明かせないとのことだ。

キャラクター情報

慎導 灼(しんどう あらた/CV:梶 裕貴)
公安局刑事課一係の監視官。特A級メンタリストであり、高度な共感により精神的ボーダーラインを越境し追跡対象者になりきる能力を持つ。明るく物怖じしない性格。過去の事件が原因で、自宅の車の中でしか眠れない。

炯・ミハイル・イグナトフ(けい・みはいる・いぐなとふ/CV:中村悠一)
公安局刑事課一係の監視官。ロシア系移民の二世で帰化日本人。格闘や射撃に優れた元軍事経験者で、正義感が強い。灼とは幼なじみであり、共通したある目的のため監視官となる。

作品情報

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』
10月よりフジテレビ“ノイタミナ”枠にて放送開始

【INTRODUCTION】
「正義」は、新たな世界を切り開く。

魂を数値化する巨大監視ネットワーク・シビュラシステムが人々の治安を維持している近未来。シビュラシステムの導入後、日本は海外との交流を断ち、長らく事実上の鎖国状態にあった。2120年、開国政策により変革の刻が迫ろうとしている。変わりゆく世界で、犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。

2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCO-PASS サイコパス』は、2014年にTVシリーズ第二期を放送、2015年に劇場版を公開、そして2019年に『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』として三部作が劇場公開された。

そして、TVシリーズ第三期となる本作は、ふたりの新人監視官の物語。慎導 灼と炯・ミハイル・イグナトフは、厚生省公安局の刑事となり、変わりゆく世界で真実を求めていく。はたして2人のたどり着く場所は? 世界が待ち望んでいた『PSYCO-PASS サイコパス』の新時代が幕を開ける。

【STAFF】
監督:塩谷直義
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
制作:サイコパス製作委員会

【CAST】
慎導灼(しんどう あらた):梶 裕貴
炯(けい)・ミハイル・イグナトフ:中村悠一 ほか

©サイコパス製作委員会

『PSYCHO-PASS サイコパス』オフィシャルサイト
http://psycho-pass.com/
『PSYCHO-PASS サイコパス』オフィシャルTwitter
@psychopass_tv