元祖リアルサイコパスの裏の顔がヤバすぎる! 映画『ザ・バニシング ‐消失-』新場面写真解禁

元祖リアルサイコパスの裏の顔がヤバすぎる! 映画『ザ・バニシング ‐消失-』新場面写真解禁

4月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開される映画『ザ・バニシング -消失-』(1988)の新場面写真が解禁された。

本作は、巨匠スタンリー・キューブリックが3回鑑賞し、「これまで観たすべての映画の中で最も恐ろしい映画だ」と絶賛。そのあまりに絶望的で魅力的なラストが、『サイコ』(60)『羊たちの沈黙』(91)『セブン』(95)を超えとの呼び声も高く、映画公開年の「オランダ映画祭」で最優秀作品賞受賞を受賞。そのほか世界中の映画祭で喝采を浴び、30年を経た現在でも海外映画批評サイトRotten Tomatoesで98%の高評価を獲得しているサイコロジカル・サスペンスの金字塔だ。

じわりじわりと迫りくる異様な恐怖を際立たせるのは、ある日突然消えた恋人サスキアを捜して、執念と亡霊に取り憑かれたかのように次第に精神を追い詰められていく男・レイモンを演じるベルナール・ピエール・ドナデューの見事な演技。地元フランスでは、TVドラマから映画まで生涯で111本もの作品に出演し、その個性的な風貌から犯罪者やサイコパスの名手として有名な俳優で、本作でも、存分に不気味な雰囲気を漂わせ、観客を絶望のラストへと誘う。

この度解禁されるのは、そんなレイモンの表情を捉えた場面写真の数々。子どもの頃に自分が普通ではなく「反社会的な人間」であると気づいたというレイモンはいったい何を考えているのか。そして、ある歪んだ「実験」に手を染めていくレイモンの終着点はどこなのか。闇から浮かび上がるレイモンの冷たい表情に悪い予感をせずにはいられない。

本作の監督シュルイツァーは「私は、悪者を隠し観客を騙したり、推理させることに全く興味はなかった。レックスと一緒にこの緊張感を味わい真実を求めてほしい」とコメントを残している。

【STORY】
7月、オランダからフランスへと車で小旅行に出掛けていたレックスとサスキア。立ち寄ったドライブインで、サスキアは忽然と姿を消してしまう。必死に彼女を捜すも手掛かりは得られず、3年の歳月が経過。依然として捜索を続けるレックスの元へ、犯人らしき人物からの手紙が何通も届き始め…。

作品情報

『ザ・バニシング -消失-』
4月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開


監督:ジョルジュ・シュルイツァー
製作:ジョルジュ・シュルイツァー、アンヌ・ロルドン
原作:ティム・クラッベ
脚本:ジョルジュ・シュルイツァー
撮影:トニ・クーン
音楽:ヘンニ・ヴリエンテン
出演:ベルナール・ピエール・ドナデュー、ジーン・ベルヴォーツ、ヨハンナ・テア・ステーゲ、グウェン・エックハウス
原題:SPOORLOOS
提供:キングレコード
配給・宣伝:アンプラグド
©1988 Published by Productionfund for Dutch Films