累計40万部突破。『樹木希林 120の遺言』に共感の声、続々!

累計40万部突破。『樹木希林 120の遺言』に共感の声、続々!

1月に発売された書籍『樹木希林120の遺言』が1カ月半で累計発行部数40万部を突破した。

本書は、樹木希林の生前の言葉を集めた名言集。樹木が30歳で結婚したときの言葉や、45歳で事務所から独立したときの言葉、がん発覚後に開いた会見での言葉など、テレビや雑誌、専門誌のほか、今では入手困難なフリーペーパーでの発言まで網羅し、厳選した120の言葉を収録。 「生」「病」「老」「人」「絆」「家」「務」「死」の全8章から構成されており、あらゆる人生の局面に通じる普遍的な言葉を収録している。

本書にも、「自分もこのように生きたい」 「樹木希林さんの言葉に勇気付けられた」などのコメントが読者から寄せられ、女性を中心に世代を超えて共感を呼んでいる。

読者コメント

ページをめくるごとに、気持ちが「シャン」とする。
(60代女性)

「年を取るのも悪くないな」。
そんなふうに実感できたのは初めてのことです。
(40代女性)

自分自身の「トリセツ」をよく心得ていたからこそ、
穏やかに、潔く、人生を生き切った人なのではないでしょうか。
(20代女性)

出産を間近に控え不安な気持ちでいっぱいでしたが、
それも「面白がってみよう」と、とても前向きな気持ちになれました。
(30代女性)

樹木さんの潔い個性が、外面ばかり気にする現代人の心に突き刺さる。
(50代男性)

【佐々木 宏 コメント】

弱いところ、恥ずかしいところ、
ワイドショーなところ、
とにかく、全身がセンスとトンチの塊みたいな方でした。
言葉だけ抜き出すと 名言金言に見えますが、本当は、茶目っ気と意地悪少々、『時間ですよ!』のハマさん風な井戸端会議から、皆、生まれている。たぶん。
だけど、それが、素晴らしい。
最優秀女優賞な希林さんより、CMでバカな役率先してやる樹木さんを
ま、尊敬して、惚れてました。
なーに真に受けてるのよ、と
ひっぱたかれそうですが

累計発行部数40万部突破を記念して「私の好きな樹木希林さんの言葉」を各界から集めた。

作家 海堂 尊

「私の原点は婆娑羅(ばさら=常識や道徳を打ち破る行為を意味する仏教用語)とかゲリラ。」

無欲で自然体のゲリラ婆さんは天下無敵です。

作家 一色さゆり

「嫌な話になったとしても、顔だけは笑うようにしているのよ。」

自分の信念を持って生きてこられた方、というイメージがあったので、意外な言葉でした。
でも本を読むと、そのイメージが変わりました。齢を重ねて、この言葉に至られた重さを感じます。

漫画家 魔夜峰央

「やり残したことなんて、死んでみないとわからないですよ。」
 
深い! 深すぎる! 希林語録。

『GLOW』編集長 大平洋子

「もう、ロックには負ける!」
ロックとは裕也さん。
このひと言に、引き受けて、面白がる人生を生きることにした、生身の樹木さんを感じます。

『田舎暮らしの本』編集長 柳 順一

「「いつかは死ぬ」じゃなくて「いつでも死ぬ」という感覚なんです。」
こんな境地に至れば、気づきを絶やさず、いきいきと生きられるでしょうね。
見事に年を重ねた樹木さんは、私たち大人のお手本です。

フリー編集者 橋本あづさ

「人間なんて正しくないんだから。」
「わかっちゃいるけどやめられない」自責の念だらけなわれわれの日々を軽やかにひっくり返してくれる希林さん!  人間の弱さを慈しみ寄り添ってきた、希林さんのフラットで深い優しさがよく表れている言葉だと思います。

編集者 宮田美緒

「自分の悪い点を見据えて、頭を下げるようにしたら、何のことはない。
夫は実に優しい人でした」

「夫婦」に限らず、親と子、友人との繋がりなど、あらゆる人間関係は「あわせ鏡」なのだと、思わずドキリとさせられ、編集の手が止まりました。求めるばかりではなく与える人間にならねば、と。

読者から

「どうぞ、物事を面白く受け取って愉快に生きて。
あんまり頑張らないで、でもへこたれないで。」

この言葉を思い出すと、人に怒られた後でもくすっと笑える。(20代 女性  会社員)
生きていくヒントとなる言葉です。(20代 女性  学生)
少しだけ力を抜いて生きてもいいのかな、でも下を向いてはいけないと思わせてくれる言葉。(40代 女性 会社員)
私たちを勇気づけてくれる言葉は、優しくて面白い。(30代 女性  美術作家)

「「いつかは死ぬ」じゃなくて「いつでも死ぬ」という感覚なんです。」

いつ死んでも悔いのないよう死を恐れずに生きていきたい(20代 女性 販売員)

「私の原点は婆娑羅(ばさら=常識や道徳を打ち破る行為を意味する仏教用語)とかゲリラ。」

樹木さんの生き方だと思う。ロックンロールを感じる言葉だ。(20代 男性 フリーター)

​「自分で<人>を見極めるためには、一人にならなければならない。」

孤独は怖がらなくても良いと教えてもらった。(30代 女性 編集者)

「人間はあした地球が滅ぶとわかっていても、きょうリンゴの木を植えなきゃならないもの
なのよ。そういうふうに考えて生きていきましょうよ。」

だめかもしれないと思っても、リンゴの実がなることを楽しみに生きられる樹木希林さん。どんな状況でも希望のことを考えられるのはすごい。(30代 女性 会社員)
どんな困難も栄養に出来る樹木さんの生き方は力強いなぁ。(30代 女性 販売員)

「(やり残したことは)私は別にないわよって。
でも、じゃあ、あると言えば果てしなくあるんですよ。人間っていうのはね。」

すべて体験した樹木さんならではの言葉。私もこういう風にいえるように生きたい。(30代 女性 会社員)

「失敗したらね、そこからスタートなの。あんまり深く考えない。」

前向きに人生を続けるためにも、失敗をスタートと思って生きたい。(30代 男性 会社員)

「私は何でもおもしろがれるの。」

人生といろいろあるが、変わらない状況なのであれば、こういう風に物事を捉えていきたい。(30代 女性 主婦)

「もう、ロックには負ける!」

そりゃそうだ。ロック(69)を反対にしたら96(苦労)だもんな。(30代 男性 編集者)

「結婚は分別がつかないうちにした方がいいよ。」

もっと早く聞きたかった…。(40代 女性 公務員)

「「痛い」じゃなくて、「ああ気持ちいい」って言い換えちゃう(笑)。それが当たり前なんだと受け取って生活していく面白さっていうのがあるなって思うんだ。」   

思い込むことでつらいことも楽しめる、逆転の発想の言葉だと思う。(40代 男性 会社員)

「人として生まれてきたこと自体、計り知れない魅力があると思うんだけど、それを出し切れていないんじゃないかなと思うの。」

表現者として、女優さんならではの言葉だと思いました(40代 女性 主婦)

商品情報

樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ
著:樹木希林
発売日:1月28日
定価:本体1,200円+税