米に現存する“口外禁止”の同性愛矯正セラピー施設。映画『ある少年の告白』特別映像解禁

米に現存する“口外禁止”の同性愛矯正セラピー施設。映画『ある少年の告白』特別映像解禁

4月19日(金)に公開される、ルーカス・ヘッジズが初主演を飾る映画『ある少年の告白』の特別映像が解禁された。

2016年に発表され、NYタイムズ紙によるベストセラーに選ばれるなど全米で大きな反響を呼んだ衝撃の実話をもとに描かれる本作。自らが同性愛者であることに気づいた青年が、両親に勧められた同性愛を治す矯正セラピーに参加し、葛藤をしながらも、ありのままの自分や親子の絆を再発見するまでを描いた感動作。ニコール・キッドマンやラッセル・クロウなど豪華俳優陣が出演。原作者さえ驚くほど、外見も中身も生き写しレベルな驚きの演技を見せていることで注目を集めている。

今回解禁となった特別映像では、原作者・監督・俳優のそれぞれが、本作の企画の成り立ちを語る。「自分を受け入れてもらうというのは誰にでも共感できるテーマ」だと本作の普遍性を説く、ジョエル・エドガートンは前作『ザ・ギフト』に続き、本作では監督もこなしながら、施設長のサイクスという重要な役を演じる。そんな彼の姿を、施設の同僚を演じた人気バンド“レッチリ”のベーシスト、フリーは「エドガートンが監督として“きっちりとした面と流れに 任せられる柔軟さ”を併せもっている」と称賛。エドガートンと多くのシーンで共演したルーカス・ヘッジズも「ジョエルがやったことは本当にすごい。監督と俳優を同時にこなしていて、信じられない!」と興奮気味に語った。また、ゲイであることを公表したトロイ・ シヴァンは「監督が真心を込めて、『ある少年の告白』を手掛けたことは僕たちのコミュニティーにとってありがたいことだ」と感謝の意も述べている。

また本編からは“口外禁止”と謳った矯正セラピ ーの内容の一端も垣間見える。いまもなお、これらの施設は一部のアメリカで現存するのだから驚きを隠せない。原作者のガラルド・コンリーは 「毎年大勢の若者が犠牲になっている」のだと悲惨な事実を明かし、「君の話を正しく伝えたい」とエドガートンに伝えられたことが喜ばしいものだったと語っている。

【STORY】
牧師の父(ラッセル・クロウ)と母(ニコール・キッドマン)を両親にもつジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)は、大学生となった。きらめくような青春を送るなか、思いがけない出来事をきっかけに、自分は男性が好きであることに気づく。意を決して両親にその事実を告げるが、息子の言葉を受け止めきれない父と母は困惑し、動揺する。

父から連絡を受けた牧師仲間が助言をするため、続々と家へやってくる。
父は問う。「今のお前を認めることはできない。心の底から変わりたいと思うか?」
悲しげな表情の母を見て、ジャレッドは決心する。「 はい」

母が運転する車に乗り込み、ジャレッドは施設へと向かう。「治療内容はすべて内密にすること」細かな禁止事項が読み上げられ、部屋へと案内される。白シャツの同じ服装の若者たちが弧を描くように椅子に腰を下ろしている。
「救済プログラムにようこそ!」12日間のプログラムが始まった 。

作品情報

『ある少年の告白』
4月19日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー!


出演:ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートン、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン
監督・脚本:ジョエル・エドガートン
原作:ガラルド・コンリー
音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ
撮影:エドゥアルド・グラウ
プロデューサー:ケリー・コハンスキー=ロバーツ(p.g.a.)、スティーヴ・ゴリン(p.g.a.)、ジョエル・エドガートン(p.g.a.)
配給:ビターズ・エンド/パルコ
©2018 UNERASED FILM, INC.

オフィシャルサイトwww.boy-erased.jp