『シティーハンター』原作者・北条 司が実写映画の総監督に初挑戦! 映画『エンジェルサイン』製作決定

『シティーハンター』原作者・北条 司が実写映画の総監督に初挑戦! 映画『エンジェルサイン』製作決定

『シティーハンター』の原作者・北条 司が初の総監督を務める、実写映画『エンジェルサイン』の製作が決定した。

北条が「サイレントマンガオーディション」に寄せられたストーリー数編と、自身によるオリジナルストーリーを加えた、大きな一つの“愛のものがたり”。今回の発表に対し、北条は「マンガを描くのとは違い、映画制作はとても新鮮です。気を引き締め、粛粛と臨んでいきたいと思っています」とコメントしている。

「サイレントマンガオーディション」とは
「言葉の壁」を取り払った世界最大級の漫画オーディション「サイレントマンガオーディション」はすでに14回開催。108の国と地域から、参加クリエイター3580名、6249編もの作品が寄せられており、北条は1回目から審査員を務めている。

先んじて実施されていた「月刊コミックゼノン」が主催する国内向け「サイレントマンガオーディション」からは、錦戸 亮主演でドラマ化された『トレース 科捜研法医研究員の追想』の漫画家・古賀慶などがすでにデビュー。若き漫画家の登竜門として、その存在感を増している。

作品情報

『エンジェルサイン』
製作決定

企画:堀江信彦
総監督:北条 司

『エンジェルサイン』オフィシャルサイト
https://angelsign.jp
『エンジェルサイン』オフィシャルTwitter
@AngelSignMovie