TAKAHIRO主演映画『僕に、会いたかった』新ポスタービジュアル&予告編解禁

TAKAHIRO主演映画『僕に、会いたかった』新ポスタービジュアル&予告編解禁

5月10日(金)に公開される、EXILEのメインボーカルTAKAHIROが単独初主演を務める『僕に、会いたかった』の新たなポスタービジュアルと予告編が解禁された。

本作は、島で一二を争う凄腕の漁師の主人公・池田 徹(TAKAHIRO)が、とある事故をきっかけに記憶を失い、島の人々の優しさに触れるうちに、新しい自分を見つけ出す家族の絆と再生を描く感動の物語。松坂慶子、小市慢太郎のほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生らが出演。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成がメガホンを取る。

新予告編では、嵐の中、荒波に揉まれる漁船の上で雨に打たれながら悲痛な叫び声をあげる徹の緊迫したシーンからスタート。記憶を失い、穏やかな日々の中でも葛藤する徹。そんな彼を支える人々の真摯な優しさが丁寧に紡がれていく。静かに涙を流すTAKAHIRO演じる徹の表情も必見だ。また、ラストカットの、雲の切れ目から降り注ぐ現象は“天使のはしご”と言われ、隠岐の島の美しいロケーションがこの感動を不動のものにしている。

また、新ポスタービジュアルでは、舞台となる島根県隠岐の島の美しい風景も織り込まれ、主人公・徹を中心に、柔らかな表情の登場人物たちを配置。徹の葛藤をやさしく支える家族や島の人々とのつながりを示唆するビジュアルとなっている。

新予告編はこちら

イベント情報

『僕に、会いたかった』完成披露上映会
日時:4月3日(水)18:15 開場/18:45 開演
場所:TOHO シネマズ 日比谷
登壇者:TAKAHIRO、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、秋山真太郎、小市慢太郎、錦織良成監督
※登壇者は予告なく変更になる場合あり。
チケット料金(税込):2,000 円  ※別途手数料あり

【一般発売(先着)】
・受付期間:3月29日(金)12:00~
※限定数の販売、無くなり次第終了。
・受付方法:WEB予約(PC/モバイル/スマホ)
・決済方法:WEB予約→クレジット決済のみ
Loppi直接購入→店頭決済のみ(レジにてクレジットカードも使用可能)
・手数料:WEB/モバイル→324 円/1 枚(内訳:システム利用料216円、店頭発券手数料108円)
Loppi直接購入→店頭発券手数料108円/1枚
・枚数制限:4枚まで

作品情報

『僕に、会いたかった』
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

出演:TAKAHIRO
山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨
宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝
秋山真太郎 黒川芽以 
小市慢太郎 /松坂慶子
監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
音楽:瀬川英史
撮影:金子正人
照明:吉角荘介
録音:西岡正巳 
編集:栗谷川 純
配給:LDH PICTURES

【STORY】
ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか? 島の愛は、人の心を救えるのだろうか? その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

オフィシャルサイト
https://bokuai.jp/